誰でも簡単にカッコいいデザインが作れる!「Canva Caravan in 高松」に参加しました〜

スポンサードリンク

2017年11月28日(火)14:00~16:00 に株式会社ヘルツのセミナールームで開催された「Canva Caravan in 高松」というイベントに参加してきました。

Canva 知識が無くても豊富な素材やテンプレートを使って、簡単にオリジナルのデザインを作成できるツールです。

[ SESSION 1 ] プロが教える!SNSで効果を発揮する撮影術。ここだけのハナシ、3+3大法則!!

鍋坂 樹伸(コマーシャルフォト サン・スタジオ)様によるセッション。

  • SNS は時代によって変わるが、メッセージを伝えるための写真や動画は変わらないんじゃないか?
  • 写真は言葉よりわかりやすい。動画より瞬間的に情報を伝えることができる。
  • 良い写真とは
    1. 好きなものが写っている
    2. 人が写っている事。物撮りよりも人が写っている方が良い。
    3. 3B の法則。美人(Beauty)・赤ちゃん(Baby)・動物(Beast)が良い。
  • SNS 映えする写真とは
    1. 長方形と正方形。正方形だと横写真なのか縦写真なのか見た人の想像が膨らむ。体が向いている方に余白を取ると安定する。
    2. 引きと寄り、効果的なのはどちら? 寄った方がメッセージ性が強まる。伝えたいことによって引きと寄りを使い分ける。
    3. 空気感ってなんだろう? 色・間・ボケ。高さを出すための縦写真。人全体を撮るなら縦写真。表情なら横写真。色数を押さえてみる。表情で空気感を出してみる。髪の毛や砂がぶれていると躍動感が出る。
  • 構図
    • 二分割構図
    • 三分割構図
    • 日の丸構図(大事なものを中心に)
    • 遠近構図
  • プロフィール写真
    • SNS が登場してプロフィール写真が必要になった。
    • プロフィール写真は目線アリが良い。
  • まとめ
    • アップロードする前にトリミングして伝えたいメッセージを打ち出してみる。
    • Canva で加工してみる。
    • 撮りっぱなしの写真ではなく少し加工してアップする。
    • 撮影時に考えるておく。
    • 撮影後に処理する

[ SESSION 2 ] マーケティングツール制作に便利な Canva

神森 勉(KDDIウェブコミュニケーションズ)様によるセッション。

  • マーケティングで必要なアウトプットとは? イベント配布・顧客層腐向け DM・ウェブサイトはマーケティングツール。 例えば、下記のようなものはプロに頼まなければいけない。がなかなか予算が捻出できない。
  • 営業活動
    • 名刺
    • ショップカード
    • プレゼンテーション資料
    • 会社案内
  • オフライン活動
    • フライヤ
    • ポスター
    • イベント招待券
    • クーポン
  • オンライン活動
    • ウェブサイト
    • オンライン広告
    • ソーシャルメディア画像
    • オウンドメディア
  • Jimdo を使っている人から、メインビジュアルやバナーの作り方がわからない。という声が多かった。自分で作ってもなんかいまいちという声も。
  • 印刷物などの成果物を作るには、ソフトやフォント、デザインの知識など複雑なプロセスがある。
    • 画像素材
    • アイコン素材
    • 画像フィルター
    • 無料で使えるフォント
    • これら、デザインに必要な物をまとめたのが Canva というサービス。
  • デザイナーでない人が一番困っているのは、レイアウトや要素の配置。
    • テンプレートが用意されているので簡単に作れる。
    • テンプレートは100万種類!
    • 28種類の日本語フォント
  • ウェブブラウザで使える。iPhone や Android(ベータ)アプリもあるみたいです。
  • Canva で作れるもの
    • SNS 用の投稿画像
    • SNS のカバー写真
    • プレゼン資料や履歴書・文章。ただし30ページまで。
    • ブログのアイキャッチ
    • ウェブ広告
    • フライヤー・ロゴ・メニュー・名刺・ポストカード・招待状
    • すべて無料だけど、一部写真素材が有料。
  • Canva 使い方デモ
    • はじめにテンプレートを選択
    • 自分の画像もアップロードできる
    • 一般的なショートカットが使える
  • Canva for Work 有料版
    • デザインをフォルダで管理できる
    • 共同作業できる
    • 使える写真素材が増える。
    • マジックリサイズ機能が使える。インスタ用の画像を作れば、Facebook、Twitter 用に自動で調整してくれる。
  • 印刷サービスも対応予定。トンボと塗り足しを付けて PDF で書き出しできる。

感想

鍋坂様のセミナーでは、撮影する時に後の加工を念頭に置いておくことと、見た人が写真から何を感じるか考えて加工する事を学び、神森様のセミナーでは、Canva の全体像が理解できました。

Canva はほとんどの機能を無料で使えるので試してみようと思います。

講師の方々・スタッフの皆様、有意義なセミナーをありがとうございました。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。