[ ここでしか聞けない、ソーシャルメディアと Web マーケティングの話しセミナー ] 参加レポート!

2014-12-04 15:00-21:00 に高松シンボルタワーで行われた ここでしか聞けない、ソーシャルメディアと Web マーケティングの話しセミナー に参加しました~。

submit-5

▲ 今回はオフ会にも参加させていただきました~。

[ 第1部 ] ファンや問い合わせを増やす!情報発信チャネルとしてのソーシャルメディア運営とオウンドメディア制作スタイル ( 株式会社コムニコ:本門功一郎・草皆直人 ) ———————————————————————-

submit-1

オウンドメディア制作スタイル

オウンドメディアはトリプルメディアのひとつ。

– ペイドメディア:買うメディア:一般層 – オウンドメディア:所有するメディア:顧客層 – アーンドメディア:信頼や評判を得るメディア:ファン層

オウンドメディアの運営は、ターゲットにとって最適なコンテンツ・タイミングでやる。 つまり、効率化が不可欠。 以前は、営業チームが主力で、Web での集客ができていなかったが、HubSpot の導入で大幅な業務効率化を実現した。

HubSpot を使うと、魅力的なコンテンツを最適なタイミングで提供でき、何度も訪問したくなる仕組みづくりを実現できた。 HubSpot ( ハブスポット ) は、次のような機能をオールインワンで実現できる企業担当者向けのマーケティング総合ソフト。

– サイト構築・ブログ – メルマガ配信 – アクセス解析・分析 – 顧客・案件管理

その他にも次のような機能がある。

– ソフト内でボタンを作れる – 作成したボタンの AB テストができる – 利用者毎にどのように遷移したかわかる。

情報発信チャネルとしてのソーシャルメディア運営

– ブログもソーシャルメディアも営業活動のひとつ。 – モチベーションの向上につながる明確で計測可能なゴールの設定が必要! – Facebook は投稿の方法によって優先度が変わる。

ファンやユーザーから支持される投稿の作り方

  1. ファンにとって有益な情報
  2. 季節の出来事や行事に便乗
  3. 親しみのある投稿
  4. モバイルユーザーを意識
  5. わかりやすく簡潔に(クイズならわかりやすい答えにする)
  6. 話題性のあるコンテンツか?
  7. 具体的な行動を想起させるコトバがあると反応は高い
  8. 投稿時間を意識する。ファンが読みやすい時間にする。
  9. ひらがなが多いと反応率が高い
[ 第2部 ] Facebook や Twitter でいかにしてバズらせるか? ( 株式会社イー・エージェンシー:高橋敦彦 ) ———————————————————————-

submit-2

アットトリップ(@attrip) の中の人。 バズらせる方法について。

探す

– 記事を書くよりもネタ探し – タンブラーで面白い物を探す。 – 沢山の閲覧ツールがある。情報収集ツールとして有用。 – 興味のある投稿者を見つける – Yahoo のリアルタイム検索で見つける – 友達と話をする中で見つける

書く

– 大切なのはタイトル・イメージ画像・自分の意見 – 記事の中に画像が3つ以上あるとバズりやすい

公開する

– 何を・いつ・どのように投稿するか? – Facebook は、ウォールに出す出さないのアルゴリズムがある。 – 三時間空けての投稿がベスト。 – 友達が何をしているか想像して投稿時間を考える – Twitter は画像付きでつぶやく。 – 同時投稿のツールを使う – Twitter カードを使う。写真がでるのでインパクトがある – Facebookページの運営。反応のいい記事はトップに固定する。 – 別の目的で来た人に見てもらえる可能性があがる

分析する

– Facebookインサイト – 検索エンジンに頼らなくても閲覧が増える – 競合ページの新規イイねとエンゲージメントをみる。 – 競合サイトの人気記事が見れる – いいねが増えているサイトの真似をする – SNSボタンを大きくするとわからない人も押してくれる。20%もシェアがふえた。 – いいねボタンを大きくした。3倍ぐらい増えた。 – CSS のトランスフォームで大きくする。 – サイトのデザインを変える – Pt engine のヒートマップを参考にリデザイン – 文字数が多いとスクロール率が下がる。

続ける

– 一日3記事を書く – 書かないとアクセスは減っていく

最後に

– 自分が楽しむのが一番

[ 第3部 ] 世界に開く扉 盆栽サイトは World Wide Web(株式会社 四国新聞社:英 誠一朗) ———————————————————————-

submit-3

– ウェブの中の日本語圏は狭い。 – 英語などで情報発信できると閲覧者の幅が広がる。 – 機械翻訳は、海外に行くと目にする看板の日本語が変なように、間違っているかもしれない。 – Wovn.io という多言語翻訳サービスもある。 – 翻訳は品質の高いサービスを利用する。

[ 第4部 ] 成果を上げているマーケティング施策とエバンジェリストの仕事(株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズ:阿部正幸) ———————————————————————-

submit-4

プロモーションについて

価格競争・外資参入・クラウド化など厳しい状況だが、同社は売り上げを伸ばしている。 担当営業は実質0人。サイトのみで販売。 次の施策に力を入れている。

  1. リスティング広告・リマケ広告
  2. アフィリエイト
  3. コンテンツ施策

今後は、オフラインイベントとコンテンツ施策に力を入れていきたい。

エバンジェリストについて

– 企業からの情報発信だとどうしても宣伝になってしまうので、エバンジェリストからの発信が良い。 – 小さい会社ほどエバンジェリストの効果がある

企業ブログについて

– 自分の事業に関連する記事を書くのが良い。 – 記事の積み上げでアクセスは増える。 – 読者とコミニュケーション出来る。ファンに成ってもらう。 – EC サイトにチャットを付けるとコンバージョンが上がるそうだ。

ファンが増えると、クチコミで無限に広がっていく。

セミナーに参加しての感想 ———————————————————————-

submit-5

大変有意義な講演をありがとうございました。 特にブログに関する部分は、すぐにでも真似させていただこうと思います! セミナー後のオフ会にも参加させていただき、多くの方をお話ができて楽しかったです。 ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です