[ Webridge Meeting SP14 マルチデバイス化のためのコンテンツ戦略 ] に参加しました~ #wmsp14

2013 年 6 月 7 日 ( 金 ) 18:30 から、サンポートホール高松 62 会議室で行われた Webridge Meeting SP14 マルチデバイス化のためのコンテンツ戦略 に参加してきました。

wmsp14

▲ コンテンツモデル製作中〜。

基礎講座の復習

現状スマホサイトの問題点

  • 自己主張ファースト
  • コンテンツが奥へ隠れている
  • 安易な使い回し
  • コンテンツが省略されている
  • コンテンツがない

現状のスマホサイトに問題があるので、スマホでも PC 版ページがみたいユーザーが存在する。

MPR というサイトが良くできている

NPR : National Public Radio : News & Analysis, World, US, Music & Arts : NPR http://www.npr.org/

  • コンテンツの構造化
  • 要素の細分化と整備
  • スタイリングとの分離
  • 未来に対応したコンテンツ管理

COPE ( Create Once, Publish Everywhere ) を目指す

一回作りこんで、全ての場で配信する手法。

  • 再利用可能な仕組みづくり
  • 組み合わせが自由なコンテンツ構造
  • 見た目とコンテンツの切り分け

すでに多種多様なスクリーンサイズが存在し、特定のスクリーンサイズ向けに制作するのは無意味。

コンテンツモデルの重要性と組み立て方

コンテンツモデリングとは?

  • コンテンツモデルはサイトの特徴
  • 同じジャンルでもモデルが異なる
  • ビジネスゴールとの密接な関わり
  • ゴールと利用者ニーズ
  • モデルを補助するサイト設計

例えば、同じグルメサイトでもコンテンツモデルが違う。

コンテンツ・インベントリ ( コンテンツの棚卸し )

  • コンテンツの品質チェック
  • コンテンツの責任者は誰か?
  • 結合・変更・昇進・削除するべきコンテンツは?
  • コンテンツ設計の基礎

全部できない時は…

  • 特定のカテゴリや領域にフォーカス
  • 階層の深さできる
  • アクセスの集中している部分

どのような種類のコンテンツがあるのか理解する。

  • ゴールを満たすコンテンツはどれか?
  • 利用者はなぜコンテンツを必要としているか?
  • そのコンテンツで何を達成できるのか?
  • コンテンツを通して利用者にしてほしい行動は?

ゴール設定

  • 組織として達成しなければならない事は何?
  • ビジネス戦略を補助するコンテンツはなにか?
  • 利用者が必要としているコンテンツとは?

上記の点を踏まえて考える。

  • イベントリーと調査をヒントにゴールを設定
  • コンテンツによって見えてくる利用者像
  • ゴールへ近づくための評価指標

コンテンツモデルを考える

次の二点を踏まえて、コンテンツモデルを考える。

  • 企業側のメリット ( ゴールの理解 )
  • 利用者側のメリット ( コンテンツの理解 )

コンテンツモデルの作り方

  • 大まかな分類から始める
  • 明確な違いがあるような分類
  • 長い要素を少しずつ細分化
  • 共通の要素を見つけて採用する

次の点も考慮する。

  • コンテンツにかけられるコストは?
  • 今のスキルセットは?
  • ビジネス戦略を補助するコンテンツは?
  • 組織として達成しなければいけない事は何?

コンテンツモデルから始まる制作プロセス

  • 同意した情報要素を元に設計
  • コンテンツんのプライオリティが決まる
  • 現実的なデザインの提案が出来る。
  • マルチデバイス向けの柔軟なデザインが出来る

利用者とビジネスゴールを意識したモデル作りの練習

チームで、グルメサイトのコンテンツモデル作りを行う。

※ このワーク、僕の想像力が働かなくて、全然ネタ出しできませんでした。チームの皆様スミマセン…。

コンテンツモデル制作のヒント

  • 利用者の欲しい情報を書き出す
  • 運営側の目的を達成させる価値は?
  • まずは大まかな形を作る
  • 店舗情報の細分化

セミナーを終えての感想

サイトのゴールと、利用者のニーズを意識したコンテンツモデル作りの重要性が理解出来ました。

最後になりましたが、講師の長谷川さま、イベント関係者のみなさま、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。