益子貴寛さまの [ コピーライティング実践トレーニング&ワーク香川 ] に参加しました

「宣伝会議」で5年以上にわたって講師を担当されている益子貴寛さんが、高松で Web ライティングの実践講座を開催されるとの事で、2013年1月17日 木曜日 13:30-17:00 に、サンポートホール高松 63会議室で行われた コピーライティング 実践トレーニング&ワーク 香川 に参加して来ました〜。

copywriting

▲ 効果的なコピーライティングスキルを身につける3時間30分の集中セミナー!

気になった所のメモ書き

Web ライティングの基本チェックリスト ( 形式面 )

  1. 見出しをこまめに
  2. 段落わけをこまめに
  3. 行間を広めに
  4. 1行あたりの文字数に注意
  5. 文字サイズは大きめに
  6. 文字の種類を適切に選ぶ
  7. リストをつかう
  8. 図や写真をつかう
  9. 表にまとめる
  10. 背景色と文字色に注意

その他

  • 文字サイズはデバイスの標準サイズが良い。パソコンだと 16px 相当になる。
  • フォントはゴシックが読みやすい。
  • 今後、ロゴとかは SVG が使われるらしい。

Web ライティングの基本チェックリスト ( 内容面 )

  1. 一文を短く
  2. 結論を最初に
  3. 主語と述語を近づける
  4. あいまいな表現にしない
  5. ~れる/~られる(受動態)を避ける
  6. ~ない/~しない(否定形)を避ける
  7. および/そして(接続詞)を少なく
  8. なるべくひらがなに
  9. カタカナを効果的に
  10. 文末をクドくしないように

[ ワーク1 ] チェックリストにもとづいて文章に赤入れをしてみよう

  • 見出しと書き出しが重要。
  • 書き出し・締めは、短くスマートにすると分かりやすい。
  • 本の書き出しをまとめた 本の書き出し というサイトがある。

[ ワーク2 ] 過剰敬語が多すぎる文章に赤入れをしてみよう

  • 過剰敬語は、逆に理解しづらくなる。
  • 文章を書いた人や企業の姿が見えなくなってしまう。
  • バイト敬語に注意する。
  • 固有名詞は間違わないようにする。
  • 三点リーダーは使わずに、なるべく言い切る。
  • [ 思います ] という曖昧な表現を多用しない。

[ ワーク3 ] 語尾「思います」にかわる表現を考えよう

違った表現はネット上にある類語辞典(シソーラス)で調べる。

リライト(文章なおし)の方針決定「1.2倍/1.5倍/2倍の法則」

文章の「不足」のポイント

  • 5W1H + 1H がカバーされていない。
  • 専門用語や難読語に対する補足がない。
  • 主述(主語・述語)関係がはっきりしない。

5W1H+1H とは?

  • Who(だれが)
  • What(なにを)
  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)
  • How much(いくらで)

レポート系は「体言止め」が有効。リズムとスマートさがアップするが、商売っぽい文章になるので、ほどほどに。

[ ワーク4 ] 文章を価値1.5倍の方針でリライトしてみよう

  • 「なぜ」の説明を厚くするのがストーリー性。

ロジックやノウハウよりも大切なこと

  • コピーライティングの本質は Show the Flag!
  • コンセプト、方向性、姿勢、イメージ、視点、プロジェクトゴールを明確に示すのがコピーライティング。
  • コピーライティングは大胆に。
  • 文章ライティングは繊細に。
  • まず、音が勝負。字面にもこだわりを。
  • コピーライティングには、性差、地域差、業界差によって傾向がある。
  • 四象限マッピングで整理すると分かりやすい。冷たいか暖かいでも良い。
  • 関節表現はブランドコピー。直接表現はセールスコピー。
  • セールスコピーのポイントは、当事者意識、不安と救い、限定、数字、権威。

[ ワーク5 ] 高松の「ちょっと自虐的」なネーミングを考えよう

私の作品は、次のふたつ。

  • なんも出来てない高松
  • 高松は出汁の香り

文章力/語彙力アップに必須の情報源

[ ワーク6 ] 「ポイント」の言い換え語を考えよう

私の答え3つ。

  • 利点
  • 勘どころ
  • 良い所

文章のテイストとチャンネルわけ

文章を短くするトレーニング

  • 長い文章を140文字(Twitter用)に短くする。

文章から「読んで楽しい見出し」を導くトレーニング

  • リスティング広告をコピーの効果測定に使う。
  • BananaAd
  • 余談:メルマガはシンプルじゃないと読まれない。

コピーライティングの情報源

コピーライティングのアイデア出しトレーニング

  • シャレ系コピーは、ダジャレ、パロディ、韻ふみ、本歌取り、などがある。
  • コーポレートコピーの本流はイメージ系。

感想

実際に自分の頭で課題を考えるワークの時間が多く、大変勉強になりました。

> コンテンツも、ソーシャルメディアも、SEO も、コピーライティング力があって、はじめて生かせる。

まさしくその通りだと思います。

本当にありがとうございます!

参考:益子さまが書かれたコピーライティングのコラム

益子さまが書かれたコピーライティングのコラムも参考になります。

ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。