XAMPP Lite を USB メモリにインストール

メモ帳として WordPress を持ち運びたいなぁと思い、Windows 上で Apache, MySQL, PHP などの開発環境を手軽に構築できる XAMPP Lite を USB メモリにインストールしてみました。以下、導入のメモです。

XAMPP のインストールと起動

  1. XAMPP Lite から、xampplite-win32-1.6.2.exe をデスクトップにダウンロードして解凍。
  2. 解凍したフォルダを USB メモリの第一階層に移動。
  3. E:\xampplite\xampp-control.exe をダブルクリックして、Apache と MySQL をスタートさせる。
  4. ウェブブラウザに http://localhost/ と入力して XAMPP for Windows の画面が表示されればオッケー。

わかったこと

  • XAMPP は、ザンプと読むようだ。
  • Mac 版や Linux 版もある。
  • ドキュメントルートは、/xampp/htdocs になります。

気になる事

  • オンラインで公開するには、セキュリティーの設定が必要との事なんだが、ローカル環境で使う分には問題ないのだろうか?
  • 動作に若干のタイムラグがある。USB メモリだからしょうがないのかな?折角ローカル環境でやってるのに残念だ。ハードディスクだと速いんだろうなー。
  • LAN 内にある他のマシンからは参照できない。これはこれで良いんだが。Windows ファイアウォールが動いてるから?

参考にさせてもらったページ

ありがとうございます!

1 Comment

wishar

XAMPP Lite

今日から私のUSBメモリには”XAMPP Lite”が入っています。 “XAMPP”というPHP開発環境の一括インストールパッケージがあります。 これは”XAMPP”のUSBメモリに解凍して使用できるバージョンです。 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。