スマイルサーバで稼働している a-blog cms 1.5.2 を CPI の ACE01 (ACE_2015) へ移設した

スポンサードリンク

スマイルサーバ で稼働している a-blog cms 1.5.2 を CPI の ACE01 (ACE_2015) へ移設しましたので作業メモを残しておきます。

ACE_2015 だと a-blog cms 1.5.2 は動かせねぇ

a-blog cms 1.5.2 の動作環境は、PHP 5.1.6~5.3.x、MySQL 5.0~ です。 ACE01_2015 は PHP 5.3.x が動かない(最低バージョンは PHP 5.5.27)ため、PHP 5.5 で動作する a-blog cms 1.7.0 にアップデートします。

参考:ACE01_2015 と ACE01_2011 のスペックを比較

ちなみに現在の ACE01 バージョン情報

  • OS FreeBSD 10.1
  • PHP 5.5.27 / 5.6.11 / 5.6.19 / 5.6.30 / 7.0.15 / 7.1.1 ※5.5
  • MySQL 5.6.30 (port 3307) / 5.5.42 (port 3306)
  • httpd Apache/2.2.29 (FreeBSD)

アップデート作業手順

1. データベースのコピー

データベースは phpMyAdmin を使い、旧サーバからエクスポート・新サーバへインポートします。

2. HTML のアップロード

古いスマイルサーバーのドキュメントルート以下の HTML をダウンロードして、新しい CPI サーバーにアップロードする。

3. config.server.php の編集

config.server.php のデータベース設定を書き換える。 MySQL 5.6 を使う場合、ホスト名は「127.0.0.1:3307」とポート名まで指定する必要があります。

4. ionCube Encoder のインストール

  • Loader Download から FreeBSD 9 (64 bits) 10.0.3 をダウンロード。
  • /ioncube/ioncube_loader_fre_5.5.so として設置。

5. php.ini の設置

CPI のコンパネから PHP 5.5.27 の設定をコピーして php.ini として設置。最終行に下記の記述を加える。

zend_extension = /usr/home/XXXXXXXXXX/html/ioncube/ioncube_loader_fre_5.5.so

※「XXXXXXXXXX」はユーザーによって違う文字列が入ります。

6. .htaccess の編集

.htaccess の先頭に下記の記述を追加。

<Files ~ "\.ini">
deny from all
</Files>
suPHP_ConfigPath /home/XXXXXXXXXX/html/
Options +SymLinksIfOwnerMatch

7. license.php のアップロード

a-blog com のサイトから PHP 5.5 用のライセンスファイルをダウンロードして設置。

8. あとはマニュアルに沿って進める

下記 PDF ファイルの手順に沿ってアップデート。

感想

新しいサーバの PHP のバージョンを確認していなくて、思わぬ遠回りをすることになってしまいました。(^_^;)

結局、新サーバの PHP 5.5 環境で動かない a-blog cms 1.5.2 のファイルとデータベースを設置し、PHP 5.5 環境で動く a-blog cms 1.7.0 で上書きしてアップデートという手法をとりました。

なんとかサーバ移転できてよかった。(^_^;)

スポンサードリンク

a-blog cms

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Mac, iPhone, WordPress が好きなウェブディレクター。
香川県坂出市出身。香川県高松市在住。
1973 年生まれで三児の父。川添おやじの会会長。ネギと玉ねぎが大嫌い。