[ Titanium Mobile ] アプリを終了しても値を保持するカウンターのサンプルコード

Titanium Mobile で、アプリを終了しても値を保持するカウンターのサンプルコードを書いてみました。

Titanium

↑ 実行画面イメージ

サンプルコード

次のコードを app.js として保存し、実行します。

var Count = 0;

var win = Ti.UI.createWindow({
    title:'Home'
});
var label = Ti.UI.createLabel({
    text: '0',
    color:'#666',
    textAlign:'center'
});
var button = Ti.UI.createButton({
    title: 'カウントアップ',
    width: 180,
    height: 40,
    top: 320
});
var reset_button = Ti.UI.createButton({
    title: 'リセット',
    width: 180,
    height: 40,
    top: 380
});

// Add event part.
button.addEventListener('click', function () {
    Count = Count + 1;
    label.text = Count;
    Ti.App.Properties.setInt('SaveCount', Count);
});
reset_button.addEventListener('click', function () {
    Count = 0;
    label.text = Count;
    Ti.App.Properties.setInt('SaveCount', Count);
});
win.addEventListener('open', function(){
    var TempCount = Ti.App.Properties.getInt('SaveCount');
    if ( TempCount ) {
        // 値が存在する場合
        Count = TempCount;
        label.text = Count;
    } else {
        // 値が存在しなかった場合
        Count = 0;
        label.text = Count;
    }
});

// Add item to window.
win.add(label);
win.add(button);
win.add(reset_button);
win.open();

開発環境

  • Titanium Mobile SDK 1.7.5
  • iOS SDK 5.0

参考にさせてもらったページ

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。