[ Gmail ] 検索オプションのまとめ

いまさらな気がしないでもないですが、忘れっぽい自分のために Gmail の検索オプションについてまとめておきます。

Gmail の検索オプションとは?

検索演算子を使った詳細検索の事。

Gmail 検索オプション

検索演算子を覚えなくても、上の検索オプションを表示させれば詳細検索できるのかな?

検索オプションの説明と簡単な例

[ label ] と [ is ] と [ in ] の使い分けが良く分かりませんが…。

特定のラベルが付いているメールを検索

label:spam
迷惑メールを検索
label:sent
自分が送信したメールを検索

label:l: と書くことができるみたいです。

メールの状態から検索

is:chat
チャットの履歴から検索
is:starred
スター付きのメールを検索
is:unread または label:unread または l:unread
未読メールを検索
is:read
既読メールを検索

特定のフォルダを検索対象にする

in:anywhere
全てのフォルダを検索対象にする

件名・差出人などから検索

subject:yahoo
件名に [ yahoo ] と言う単語を含むメールを検索
to:yahoo
宛先に [ yahoo ] と言う単語を含むメールを検索
to:me
自分に届いたメールを検索
from:yahoo
差出人に [ yahoo ] と言う単語を含むメールを検索
cc:yahoo
Cc に [ yahoo ] と言う単語を含むメールを検索
bcc:yahoo
Bcc に [ yahoo ] と言う単語を含むメールを検索

特定の検索語を除外する

from:yahoo -bb
差出人に [ yahoo ] と言う単語を含むが、[ bb ] と言う単語を含まないメールを検索

特定の日付から検索

after:2008/10/01
2008-10-01 より後のメールを検索
before:2004/10/01
2004-10-01 より前のメールを検索

添付ファイル付きのメール

has:attachment
添付ファイル付きのメールを検索
has:attachment xls
[ xls ] の拡張子を持つ添付ファイル付きのメールを検索
filename:hoge.txt
添付ファイルのファイル名が [ hoge.txt ] のメールを検索

日本語のメール

lang:ja
日本語のメールを検索

フレーズ検索

“i’m feeling lucky”
[ i’m feeling lucky ] または [ I’m feeling lucky ] が同じ順序で含まれるメッセージを検索

大文字・小文字の区別はないみたいです。

複雑な検索式 ( クエリ ) の書き方

AND 検索

各クエリを半角スペースで区切って列記すると AND 検索になります。

to:me after:2008/01/01 subject:yahoo
今年私に送られてきて、件名に [ yahoo ] を含むメッセージを検索

OR 検索

大文字の [ OR ] で繋げると、検索式のいずれかにマッチする OR 検索になります。

from:yahoo OR from:google
差出人に [ yahoo ] または [ google ] と言う単語を含むメールを検索
{from:yahoo from:google}
波括弧で括ると OR 検索になる ( 上と同じ検索式の違った書き方 )

検索キーワードのグループ化

丸括弧で括るとキーワードをグループ化できる。

from:apple (yahoo OR google)
差出人に [ apple ] と言う単語を含み、メールに [ yahoo ] または [ google ] と言う単語を含むメールを検索
subject:(yahoo google)
件名に [ yahoo ] と [ google ] と言う単語を含むメールを検索

Gmail 詳細検索の実例

in:spam lang:ja
迷惑メール内の日本語のメールを検索 ( スパムフィルタが誤判定していないかチェックする時に )

参考にさせてもらったページ

ありがとうございます。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。