Flash: 乱数を使ったサンプル

乱数を使ったサンプルを作ってみました。

リロードするたびに、1 から 6 までの整数をランダムで返すサンプル

コード

1 から n までの整数をランダムで返すソースは以下のようになります。

Math.floor (Math.random () * n) + 1;
  1. Math.random で、0 以上 1 未満の乱数を生成。
  2. それを 6 倍して、0 以上 6 未満の数値を生成。
  3. Math.floor で、小数点以下を切り捨て 0 から 5 までの整数を生成。
  4. それに 1 を足して、1 から 6 までの整数を生成。

サンプルページとソースファイル

リロードするたびにランダムで色が変わるサンプル

コード

// 0 から 3 のランダムな整数を生成
rand = Math.floor (Math.random () * 4);

// 乱数の結果によって処理を分岐
if (rand == 0) {
    gotoAndStop (2);
} else if (rand == 1) {
    gotoAndStop (3);
} else if (rand == 2) {
    gotoAndStop (4);
} else if (rand == 3) {
    gotoAndStop (5);
}

サンプルページとソースファイル

覚えておくと色んな所で使えそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。