[ iPhone ] HelloWorld を読んでみる

iPhone アプリ ( Objective-C ) の基本的な構造について。

新しい View-based Application を作成して、空の状態で解説したい。

インスタンス = 子? みたいな例えを書きたい。

クラスの宣言

書き方は次のような感じ。 @interface で始まり、@end で終わります。

@interface Controller : NSObject {
    // インスタンス変数の宣言
    IBOutlet id textField;
}
// メソッドの宣言
// - (返り値)メソッド名:(引数の型)引数;
- (IBAction)say:(id)sender;
@end

クラスの実装

書き方は次のような感じ。

@implementation Controller
// メソッドの実装
- (IBAction)say:(id)sender {
    // ボタンが押されたらテキストフィールドに文字列を出力する
    // [オブジェクト メソッド名:引数];
    [textField setStringValue:@"Hello World"];
}
@end

iPhone Dev Center からダウンロード出来る [ HelloWorld ] というサンプルを読んでみます。

ソースを読む前の知識

ファイルの構成

次の二つのファイルでワンセットになります。

  • *.h と言うファイルがクラスの宣言を書くソースファイル。
  • *.m と言うファイルがクラスの実装を書くソースファイル。

[ HelloWorldAppDelegate.h ] の [ AppDelegate ] とは?

[ HelloWorld ] という名前のプロジェクトを作成した時に [ HelloWorldAppDelegate.h ] というファイルが自動生成されます。

このファイル名の中に含まれる [ AppDelegate ] はアプリの起動・終了時に動くという意味。 ちなみに [ デリゲート ] とは [ 代理人 ] という意味なんだそうです。

[ @ ] から始まる行

ちなみに、[ @ ] から始まる行はコンパイラディレクティブと呼ばれ、コンパイラに対して [ ここから Objective-C ですよー ] と伝えるための物。

参考にさせてもらったページ

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。