MacBook Pro ( 13-inch, Mid 2010 ) に Windows 8 をインストール

スポンサードリンク

MacBook Pro ( 13-inch, Mid 2010 ) に Windows 8 をインストールしてみました。

ただ、私の使っているマシンは、MacBook Pro ( 13-inch, Mid 2010 ) で、[ Boot Camp アシスタント ] でのインストールは Windows 7 のみ対応となっていますので、今回は、[ Boot Camp アシスタント ] を使わず手動でパーティションを切って、Windows 8 をインストールしました。

以下の手順は、私の環境での話です。 下手をすると Mac が動かなくなる可能性があるので、自己責任でお願いします。

Boot Camp Support Software をダウンロード

bootcamp-1

▲ [ アプリケーション ] → [ ユーティリティ ] → [ Boot Camp アシスタント.app ] を起動。

bootcamp-2

▲ 上のチェックボックスのみをクリック。

bootcamp-3

▲ MS-DOS ( FAT32 ) でフォーマットした USB メモリを準備。容量は 1GB でいけました。

bootcamp-4

▲ ダウンロード中。

bootcamp-5

▲ なんかダイアログが出るけど、続けるをクリック。

bootcamp-6

▲ ダウンロード終了。

Windows 用パーティションを手動で作成する

[ Boot Camp アシスタント ] では、Windows 8 のインストールができないので、手動で Windows 用のパーティションを作ろうと思ったのですが、次のようなエラーが出てパーティションが変更できませんでした。

パーティションを作成できませんでした
ファイルシステムを検証できなかったため、パーティションマップを変更できませんでした。

多分、ハードディスクに連続した空き領域が無いのでエラーになっていると思います。 という事で、次の記事を参考に Yosemite をクリーンインストール・復元しました。

Yosemite のクリーンインストールにより、ハードディスクの空き容量が 20GB ぐらい増えてスキッリ。

bootcamp-7

▲ 気を取り直して、ディスクユーティリティーを起動し、パーティションを選択して [ + ] をクリック。

bootcamp-8

▲ 名前を [ WINDOWS ] に変更、フォーマットを [ MS-DOS (FAT) ] に変更。

Windows 8 のインストール

bootcamp-9

▲ Mac OS が起動している状態で、Windows 8 のインストール DVD を挿入し、システム環境設定の起動ディスクで Windows 8 のインストール DVD を指定して再起動すると、Windows 8 のインストーラーが立ち上がります。

Windows 8 のインストーラーが起動したら、次の手順でインストールします。

  1. カスタム: Windows のみをインストールするを選択。
  2. WINDOWS というラベルの付いたディスクをフォーマット。

Windows 8 インストール直後のメモリ使用量は 1GB 程度、ディスク使用量は 20GB 程度でした。

不足しているドライバをインストールする

デバイスマネージャーを確認すると、二個ほど異常マークが出ているので、次のページを参考にドライバをインストールする。

以上で、Windows 8 のインストールは完了です。

今回試してみた環境

  • MacBook Pro ( 13-inch, Mid 2010 ) + OS X Yosemite ( 10.10.2 )
  • Windows 8 新規インストール用 DVD-ROM

参考にさせてもらったページ

ありがとうございます!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。