竹内謙礼氏の [ ネットで儲ける王様のカラクリ – 物語でわかるこれからの Web マーケティング ] を読んだ!

スポンサードリンク

竹内謙礼氏の [ ネットで儲ける王様のカラクリ – 物語でわかるこれからの Web マーケティング ] を読みました。

karakuri

▲ 表紙のイラストが良い。中身は漫画ではありません。

本書は、小説形式で読みやすく、ウェブマーケティングについて学べる本です。

著者は、現在のネットビジネスは、参入が簡単なため、激しい安売り合戦になってしまい、中小企業がウェブで稼ごうと思ったら、業者に丸投げではなく、自分たちで知識を身につける必要があると書いています。

また、この本の中で、ウェブ制作会社とコンサル業者は、ものすごい悪者として描かれていますが、現実は、そこまでひどくないと思いますw

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。