ウェブページのサムネイルを自動生成するウェブサービスのまとめ

スポンサードリンク

生成されたサムネイル画像をダウンロードして利用するタイプじゃなくて、そのまま、サムネイル画像にリンクできるタイプのウェブサービスを調べてみました。

サムネイルを自動生成するウェブサービス

SimpleAPI – ウェブサイト・サムネイル化ツール

負荷が高い時は、トップページのサムネイルしか撮れないのかな? それから、利用制限があるみたい。こちらは後日調べるつもり。

IgWebCap – 自動更新サムネイル生成 Web サービス

個人、法人、営利、非営利を問わず自由に利用可能。ただし、生成されたサムネイルをクリックすると、IgWebCap のプレビューページに移動し、しばらくするとリンク元にジャンプする。この中間ページに広告を貼る事で、サーバ運営費を捻出されているとの事。詳しい説明は、取扱説明書 にあります。

ThumbnailWEB:WEB ASP サービス

まだ試してません。

Mozshot

ソースコードあり。 Ruby が動けば自分で設置できるのかな?

SnapCasa

利用は無料みたいなんだが、英語ページなので詳細不明。

WordPress.com の隠し API

公式じゃないけど、自由に使ってかまわないみたい。

参考:秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ : WordPress.comの隠しAPIでスクリーンショットを撮る

それから、便利なサービスを無料で提供してくれているサービス運営者さまに感謝です。ありがとうございます。

番外編

webshot – サムネイルでブックマーク
こちらはローカルマシンでサムネイルを生成して、サーバに設置した専用ページにサムネイルと情報を送信するみたい。
ウェブ魚拓
これはちょっと違うな。

雑感

サムネイル画像の表示スピードから言えば、静的な画像を自分で作った方が転送が速いんだが、やっぱり、サムネイル自動生成の便利さにはかないませんね。

参考になりそうなページ

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Mac, iPhone, WordPress が好きなウェブディレクター。 香川県坂出市出身。香川県高松市在住。 1973 年生まれで三児の父。川添おやじの会会長。ネギと玉ねぎが嫌い。