[ JavaScript ] 現在のページをエキサイト翻訳にリンクするサンプル

スポンサードリンク

現在見ている日本語ページをエキサイト翻訳の英語・韓国語ページにリンクする JavaScript のサンプルを書いてみました。

サンプルコード

index.html

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8">
<title>エキサイト翻訳にリンクするサンプル</title>
<script type="text/javascript" src="test.js"></script>
</head>
<body>
<p><a href="javascript:test1();">エキサイトの英語翻訳にリンク。別ウインドウで開きます。</a></p>
<p><a href="javascript:test2();">エキサイトの韓国語翻訳にリンク。別ウインドウで開きます。</a></p>
<p>試験用の日本語です。</p>
</body>
</html>

test.js

function test1() {
  var add1 = 'http://www.excite.co.jp/world/english/web/?wb_url=';
  var add2 = encodeURIComponent(location.href);
  var add3 = '&wb_lp=JAEN&wb_dis=2'
  window.open(add1 + add2 + add3)
}
function test2() {
  var add1 = 'http://www.excite.co.jp/world/korean/web/?wb_url=';
  var add2 = encodeURIComponent(location.href);
  var add3 = '&wb_lp=JAKO&wb_dis=2'
  window.open(add1 + add2 + add3)
}

実際に動作するサンプル

動作を確認したウェブブラウザ

  • OK – Mac Firefox 2.0
  • OK – Mac Safari 2.0
  • OK – Windows Firefox 2.0
  • OK – Windows Internet Explorer 7.0

その他

  • ブックマークレットもできるんじゃね?
  • 翻訳元ファイルの文字コードは Shift_JIS が良さげ。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。