Mac OS 10.4.8 で Plagger を使ってみる

一足早く「Plagger」の便利さを実感してみよう ? @IT と言う記事を読んで、便利そうだなぁと思い Plagger をインストールしてみました。

この記事は、とりあえず私の環境で動いた時のメモなので、間違いがたくさんあると思います。あまり参考にしないでください。

インストール方法

8-p.info – Plagger から Plagger-Mac-0.7.11-2.tar.gz をダウンロードする。

ターミナルでファイルをダウンロードした階層に移動し、以下のコマンドを入力して解凍。

$ tar zxvf Plagger-Mac-0.7.11-2.tar.gz

config.yaml を編集する

テストとして「Bloglines」の更新データを「Gmail」に転送する設定ファイルを設置します。

config.yaml と言うテキストファイルを作成し、Plagger 本体と同じ階層に保存する。

内容は以下の通り。

global:
  plugin_path: assets/plugins/
  assets_path: assets/
  timezone: Asia/Tokyo
  cache:
    base: /tmp
  log:
    level: info
plugins:
  - module: Subscription::Bloglines
    config:
      username: BLOGLINES-USERNAME
      password: BLOGLINES-PASSWORD
      mark_read: 0
      fetch_meta: 1
  - module: Widget::BloglinesSubscription
  - module: Publish::Gmail
    config:
      mailto: GMAIL-USERNAME
      mailfrom: GMAIL-USERNAME
      mailroute:
        via: smtp_tls
        host: smtp.gmail.com:587
        username: GMAIL-USERNAME
        password: GMAIL-PASSWORD

以下の部分はご自分のアカウントに書き換えてください。

BLOGLINES-USERNAME
BLOGLINES-PASSWORD
GMAIL-USERNAME
GMAIL-PASSWORD

それから、プラグインやキャッシュのパスは適当です。ゴメンナサイ。

config.yaml のよくある記述ミス

私もこれでハマりました(笑)

最終行に改行が入ってないと、以下のエラーが出る。最終行にも改行を入れておく事。

YAML_PARSE_ERR_NO_FINAL_NEWLINE

インデントが正しくないと、以下のエラーが出る。私は半角スペース二個でインデントしました。

YAML_PARSE_ERR_INCONSISTENT_INDENTATION

とりあえず、文字・改行コードは UTF-8 + LF にしてます。

実行する

実行するときは、Plagger 本体のあるディレクトリに移動して、ターミナルに以下のコマンドを入力して実行。

$ ./plagger -c config.yaml

ちなみに、Plagger のバージョンを表示には、

$ ./plagger -v

とやります。

1 Comment

1日1tech

MacOS X (Tiger) で快適 Plagger

Bowz::Weblogさんのところのエントリーによると、MacOS X 10.4 (Tiger) 以降なら、tar.gz アーカイブを解凍するだけで、P…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。