iMovie : QuickTime や iDVD に書き出したときの音ずれについて

12bit で録画したビデオを読み込んで、QuickTime や iDVD に書き出すと音声がずれる可能性があります。
TIL を見てみると、iMovie 3.0.3 以降にアップデートして、QuickTime 6.3 以降にアップデートすると解決する。と書いてありますが、今後のためにビデオカメラの音声設定は 16bit にしておきましょう。
ビデオカメラの設定を 12bit にしておくと、ビデオカメラをつかってアフレコできますが、そんなことはしないので 16bit にしておいて、アフレコは iMovie で行うことにします。
すでに 12bit で録画してしまったものは、一度テープに 16bit で書き戻して、再度読み込む事で解決できるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。