Supreme Web in Kagawa [ Web の運営とマネタイズ ] セミナーに参加してきました〜

2011年10月27日、サンポート高松で行われた Supreme Web in Kagawa [ Web の運営とマネタイズ ] に参加してきました〜。

Supreme Web in Kagawa

▲ 高松シンボルタワーから瀬戸内海見てみました〜

以下、セミナー内容のメモです。

[ すぐに出来る!リスク低減・利益追求のサイトリニューアル手法 ] 講師:角掛健志様

実際にリニューアルを行った案件をベースにワークショップを行うので、大変勉強になりました。

Supreme Web in Kagawa

以下、気になった点のメモです。

  • サイト全体を作りなおすのではなく、ビジネス上の今ある問題を解決するためにリニューアルする。
  • 企業の利益に貢献しなければ意味が無い。
  • 企画が出来る必要はないが、企画の意図を理解できるようにする。
  • デザイン・コンテンツ・企画の調和が取れているのが理想。バランスを取り利益を生む。
  • 企画の基礎要素は、ターゲット・目的・目標の3つ。
  • ターゲット調査で、自社が得意とする相手を探す。Yahoo! 知恵袋・教えて goo などのサイトが参考になる。年齢・性別が分かる。
  • サイトの目的を見失わないように。かっこ良さではなく利益を追求するなど。
  • 目標の設定は二割増しぐらいがやりやすい。
  • 投資対コストを意識する。
  • リニューアルの場合、現状分析・問題点を見つけ数値で企画に加える。
  • 信用してもらえない場合、機密保持契約 ( NDA ) を結んで、クライアントの売上を教えてもらう。情報が漏えいした場合、損害賠償が発生する。
  • 問題点を明確にする。販促キャンペーンをやっているのに大きく告知していない場合が多い。
  • いきなり全面リニューアルしない。ボトルネックの改善を繰り返し、結果を判断する。
  • データが揃ってから全面リニューアルすべし。
  • 裏付けのないアイディアは妄想にすぎない!
  • クライアントのリスクとコストを最小限にする。自分のためにも。
  • まとめて簡単にすると、今ある問題を解決できればオッケー。

[ 営業をせずにウェブサイトだけで収益をあげよう ] 講師:高畑哲平様

続いては、Web マーケティングのお話。

Supreme Web in Kagawa

▲ セッション中に写真撮るの忘れました…。スミマセン…。

一番印象に残ったのは次の話です。

体感価格と言うのは、この商品・サービスに対して、このぐらい払っても良いかな?と思う価格。

体感価格 = 販売価格 * 2

上記の場合が理想で、お客様が満足し、良い口コミが起こる可能性がある。

体感価格 < 販売価格

上記の場合は、お客様ががっかりし、負の口コミが起こる可能性がある。

以下、気になった点のメモです。

  • Web によって上げられる成果は二割増しぐらいが限界値。
  • 一番重要なのは商品力、二番目は価格、三番目は販売チャネルと宣伝。
  • 決済者と共通のゴールを持つ。クライアント担当者と共通のゴールを持った場合、後で決済者にひっくり返される可能性がある。
  • 多少デザインが崩れていても、売上があがれば問題ないと経営者は考える。

セミナーを終えての感想

ウェブ制作のみを行なっていると気づきにくいビジネス的な視点が今後重要になる事と、商品を売る時に考える戦略について大変勉強になりました。

講師のお二方、スタッフ・関係者の皆様、本当にありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。