[ PHP の文法 ] クラスとオブジェクト

PHP の文法 [ クラスとオブジェクト ] についての解説です。

クラスと言うのは、function をまとめた物?

サンプルコード

下の例では、税抜きと税込みの価格を表示します。

class zeikomi {
    // メンバ宣言
    var $price = 100;
    // メソッド宣言
    function goukei () {
        $tax = $this->price * 0.05;
        return $this->price + $tax;
    }
}
// オブジェクトの生成
$result = new zeikomi ();
// 結果を出力
print ( "税抜きは " . $result->price . " 円。" );
print ( "税込みは " . $result->goukei() . " 円。" );

同一クラス内の変数とか関数なんかを参照する時に $this-> と言う書き方をするみたい。
最初は -> と言う書き方が分からなくて三時間ぐらいハマッタ。

3 Comments

rea

お久しぶりです:-)

クラスはオブジェクトの雛形、オブジェクトは処理(関数 = function)とデータ(変数)の集まりです。

クラス(雛形)をインスタンス(実体化)することでオブジェクトを作ります(new 演算子)。

ちなみに、var というのは PHP 4 の書き方で、PHP 5 からは public, private, protected を使います。

PHP 5 から本格的にオブジェクト指向が取り入れられたので、PHP 5 で勉強したほうがいいかもしれませんね。

では、長々と失礼しました。

rea

あれ、このエントリー、2008年に書かれたんですね>< Twitterに流れてきたから、てっきり今日の投稿かと(汗)

すみません…。

Bowz

rea さん、コメントありがとうございます。

PHP 5 では書き方が変わるんですね。勉強になります。

それから、この記事はずいぶん前に書いたものなんですが、何かの拍子で Twitter に流れてしまいましたw まぎらわしくてスミマセン…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。