[ iPhone ] HelloWorldAppDelegate.m

HelloWorldAppDelegate.m のソースコードを読んでみる

オリジナルのソースコードは次のような感じ。

#import "HelloWorldAppDelegate.h"
#import "MyViewController.h"

@implementation HelloWorldAppDelegate

@synthesize window;
@synthesize myViewController;

- (void)applicationDidFinishLaunching:(UIApplication *)application {

    // Set up the view controller
    MyViewController *aViewController = [[MyViewController alloc] initWithNibName:@"HelloWorld" bundle:[NSBundle mainBundle]];
    self.myViewController = aViewController;
    [aViewController release];

    [[UIApplication sharedApplication] setStatusBarStyle:UIStatusBarStyleBlackOpaque];

    // Add the view controller's view as a subview of the window
    UIView *controllersView = [myViewController view];
    [window addSubview:controllersView];
    [window makeKeyAndVisible];
}

- (void)dealloc {
    [myViewController release];
    [window release];
    [super dealloc];
}

@end

ここから、一行ずつ理解していきます。

ヘッダーファイルの読み込み

#import "HelloWorldAppDelegate.h"
#import "MyViewController.h"

クラスの実装を開始

@implementation HelloWorldAppDelegate

@implementation から @end の間に書かれているのはクラスの実装です。

アクセサメソッドの自動生成

@synthesize window;
@synthesize myViewController;

メソッドの実装

- (void)applicationDidFinishLaunching:(UIApplication *)application {

applicationDidFinishLaunching と言うメソッドの実装を開始。

-
インスタンスメソッド ( インスタンスになった時だけ有効なメソッド )
(void)
戻り値 ( void なので戻り値ナシ )
applicationDidFinishLaunching
メソッドの名前 ( 名前からアプリ起動後の処理ではないかと… )
(UIApplication *)
引数の型 ( 渡す値の型を書いておく )
application

引数の名前

MyViewController *aViewController = [[MyViewController alloc] initWithNibName:@”HelloWorld” bundle:[NSBundle mainBundle]];

この辺りで力尽きました…。スミマセン…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。