[ Internet Explorer ] 保護されていない項目を表示しますか? を非表示にする方法

スポンサードリンク

Internet Explorer で、SSL のかかった https のページを開く時に、http 経由の画像などが混在していると、[ セキュリティ情報 ] のダイアログが出ます。

セキュリティ情報のダイアログ

セキュリティ情報
このページにはセキュリティで保護されている項目と保護されていない項目が含まれています。
保護されていない項目を表示しますか?

このダイアログが大変うっとうしいので非表示にする方法です。

設定の変更方法

Internet Explorer で、[ ツール ] – [ インターネットオプション ] – [ セキュリティ ] – [ レベルのカスタマイズ ] で [ 混在したコンテンツを表示する ] を有効にします。

これで、ダイアログは表示されなくなります。

注意点

  • 当然ですが、ダイアログが出なくなるので、セキュリティーレベルはチョット落ちるかも?
  • 普通に Internet Explorer を使っているユーザーの設定だと [ セキュリティ情報 ] のダイアログが出るような設定がデフォルトなので、ウェブページを作る時は、https と http を混在しないように注意。

セキュリティ情報のダイアログを出さない設定にしていても、Internet Explorer 7 の場合、https と http の混在がなければ、アドレスバーの右側に鍵マークが出るみたいなので、それで確認できるかも?

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Mac, iPhone, WordPress が好きなウェブディレクター。
香川県坂出市出身。香川県高松市在住。
1973 年生まれで三児の父。川添おやじの会会長。ネギと玉ねぎが大嫌い。