ウェブに公開するメールアドレスは、スパムメールを防止するためエンティティ化しておく

スポンサードリンク

ウェブページにメールアドレスを掲載する時は、エンティティ ( 数値文字実体参照 ) 化と言う処理を施しておくと、メールアドレスの自動収集プログラムに発見されにくくなり、スパムメールが防止できるんだそうです。

仕組みを簡単に書いてみると、

mailto:a@example.com

と言うメールアドレスを、

mailto:a@example.com

と言う感じに変換し、メルアド収集ロボットに発見されにくくする事。

メールアドレスをエンティティ化できるウェブページとかソフトとか

と言うわけで、メールアドレスをエンティティ化できるウェブページとかソフトとかの覚え書きです。

HTML エンティティ化
ウェブページ上で簡単に変換できる。
Enkoder 4.0.1
Mac 用のフリーウェア。 JavaScript に変換されるみたいで、使い方が良くワカラン。

雑感

  • Dreamweaver 上でメールアドレスをエンティティ化する拡張ってないかな?
  • テキストエディタ上でできんかな?

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

4 件のコメント

  • fugaどっとjpのなかのひとなんですけど、こういうの書かれていると、アドレス収集ボットさんがあつめてこっちにバカスカ送りつけてくれます。

    テスト用のexample.jpがあるので、こちらに書き換えてもらえたら助かります。

  • 記事中の該当部分を修正しました。 ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    Mac, iPhone, WordPress が好きなウェブディレクター。
    香川県坂出市出身。香川県高松市在住。
    1973 年生まれで三児の父。川添おやじの会会長。ネギと玉ねぎが大嫌い。