老後の貯蓄なんて無意味!? ちきりん氏の [ 未来の働き方を考えよう – 人生は二回、生きられる ] 読了!

スポンサードリンク

ちきりん氏の [ 未来の働き方を考えよう – 人生は二回、生きられる ] を読みました。

未来の働き方を考えよう

▲ イラストが何ともゆるめの表紙w

以下、感想とかメモ書きとかです。

この記事の目次

〈序章〉“働き方本”ブームが示すモノ

  • 働き方や仕事に関する価値観を根本的に考えなおす時代が来た。

〈第一章〉現状維持の先にある未来

家族の形が変わる

  • 日本市場が縮小し、海外の新興国に進出する。よって、子供が海外で働いたりする。

“イクメン”どころの騒ぎじゃない時代

  • 共働きの両親がお互い違う場所に海外赴任すると、子育てなんて無理。

「家庭と仕事の両立」は男女共通の課題へ

  • 妻が妊娠したため、男性が仕事を辞めて子育てに専念すると言ったケースが普通に起こってくる。

〈第二章〉世界を変える3つの革命的変化

産業革命に匹敵する社会の変化?

  • 革新的な技術の登場で、働き方が大きく変わる。

革命と呼ばれる条件

  • パワーを持つ層の交代が革命と呼ばれる。

パワーシフトその1 大組織から個人へ by IT 革命

  • 大企業が優位性を失い、個人と大企業のパワーバランスが逆転する。
  • インターネットにより国境越えての商売が簡単になった。
  • 大企業に務めるか、起業するかは個人が選べる。

パワーシフトその2 先進国から新興国へ by グローバリゼーション

  • 国家間の格差は縮小し、個人と個人の格差に置き換わる。
  • 制度や考え方・賃金が世界で平準化される。
  • ホワイトカラーの仕事も新興国へシフトする。
  • 新興国の人口が増え、無視できない存在となる。
  • インターネットにより、新興国に生まれても高度な教育を受けることができる。

パワーシフトその3 ストックからフローへ by 人生の長期化

  • 医療技術の革新的な進化によって寿命が延びるかも?
  • 時代の変化により、ひとつの職業だけでは終わらなくなる。
  • 加齢によって同じ仕事が続けられなくなる。
  • 貯金よりも稼ぐ力が重要になってくる。
  • 人脈に関しても、過去の資産ではなく、今後開拓していく力が重要。
  • たまたま生き残った仲間で資産を分け合う。

〈第三章〉新しい働き方を模索する若者たち

惜しげも無く大企業を辞める若者

  • 大企業が提供してくれていた価値に陰りが見え始めた。

間欠泉的キャリアを選ぶ

  • 医療分野など、需要のある職種だと、数ヶ月休んだあとで再就職する間欠泉的な働き方が可能。

海外で働く若者たち

  • 高齢化と低成長の日本を脱出し、高度成長するアジアで働く若者が増えている。

ミニマムに暮らすという選択

  • 不動産と子供をあきらめて、ミニマムな暮らしを選ぶ人が出てくる。

「働くこと」の意味が変わる

  • 「仕事=人生の土台」という世界観は既に崩壊している。

〈第四章〉「ふたつの人生を生きる」

40代で働き方を選びなおす

  • 一生の間にふたつの異なる職業人生を選ぶ。

ちきりんの選択&働き方を選びなおした人たち

  • 前半の職業で得た知識を活かし、後半の職業人生で問題の解決にトライする。

就活は40代の方が巧くいく

  • 40代になると、今後の予測が立てられ、人生の設計がしやすくなる。

〈第五章〉求められる発想の転換

1. お金に関する発想の転換

  • 寿命は予測できないので、老後に必要な貯蓄額も予測できない。

2. 寿命に関する発想の転換

  • 今やりたいことを我慢してまで、老後の経済リスクに備える必要はない。
  • やりたい事は若いうちにやっとけ。

〈終章〉 オリジナル人生を設計するために

ステップ1.手に入れたい人生を明確にしよう!

  • 大事なのは食べていけるかではなく、本当に自分が楽しいと思えるか。

ステップ2.複数の将来シナリオをもとう!

  • 常に5つの将来シナリオを念頭において働き、次に行く道を考え続ける。

ステップ3.市場で稼ぐ力をつけよう!

  • インターネットの普及により、個人で稼ぐハードルが低くなってきた。

感想

60歳まで生きるのと、100歳まで生きるのでは、当然、必要な貯金の額が違う。 と言うか、100歳まで生きるのを前提にして、老後に必要な資産を形成するなんて無理!

当たり前のことかもしれませんが、私は、この本で気づくことができました。 ありがとうございます!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。