[ AppleScript ] Paparazzi! のサンプル

スポンサードリンク

ウェブページをキャプチャする Paparazzi! と言うソフトを AppleScript で操作したくなり、サンプルを書いてみました。

指定のページを開いてキャプチャする

こんな感じで、とりあえずキャプチャできます。

tell application "Paparazzi!"
    get URL "http://www.example.com/"
end tell

指定のページをキャプチャして保存する

指定のページをキャプチャして、デスクトップに test.jpg と言う名前で保存するサンプルです。

tell application "Paparazzi!"
    activate
    set _URL to "http://www.example.com/"
    set _MinSize to {1024, 768}
    set _CropSize to {800, 600}
    set _Delay to 0.0
    set _DirName to "Macintosh HD:Users:********:Desktop:"
    set _FileName to "test.jpg"
    capture _URL min size _MinSize crop size _CropSize delay _Delay
    repeat while busy
        -- 読み込み完了まで待機
    end repeat
    save as JPEG in _DirName & _FileName
    quit application "Paparazzi!"
end tell

Paparazzi で開いているページのタイトルを取得

Paparazzi で開いているページのタイトルを取得するのは次のような感じで書きます。

tell application "Paparazzi!"
    get name of window 1
end tell

動作確認

AppleScript 2.0 + Paparazzi! 0.4.3

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。