Adobe Dreamweaver CS6 と Adobe Fireworks CS6 の体験版を試してみた

Adobe Dreamweaver CS6 と Adobe Fireworks CS6 の体験版がダウンロードできるようになっていたので、インストールして試してみました。

Adobe Dreamweaver CS6 の新機能

Dreamweaver

新機能は、Dreamweaver CS6 の新機能一覧 で確認できます。

以下は気になった所のメモ書きです。

応答性の良い可変グリッドレイアウト
レスポンシブデザインの事かな?
向上した FTP パフォーマンス
マルチスレッドでアップロード時間を短縮できるんだそうな。
Adobe Business Catalyst との連携
コントリビュートの名前が変わった?
jQuery モバイルのサポート強化
テーマの設定などが簡単にできるようになったらしい。
アップデートされた PhoneGap のサポート
Dreamweaver から直接ネイティブアプリをビルドできるらしい。
CSS3 トランジション
CSS プロパティの変化をアニメーションに出来るようだ。
アップデートされたライブビュー
最新バージョンの WebKit で、HTML5 のサポートが向上との事。
アップデートされたマルチスクリーンプレビューパネル
HTML5 のコンテンツをレンダリングできるようになったんだそうな。

Adobe Fireworks CS6 の新機能

Fireworks

新機能は、Fireworks CS6 の新機能一覧 で確認できます。

以下は気になった所のメモ書きです。

CSS サポートの改善
オブジェクトから CSS コードを抽出したり、CSS スプライトを簡単に作成できるんだそうな。
新しい jQuery Mobile Theme Skinning のサポート
jQuery Mobile のテーマを作成・修正・更新できるんだそうな。
よりすばやくカラーにアクセス
べた塗り、グラデーション、パターンがすばやく切り替えられるんだそうな。
パフォーマンスの向上
パフォーマンスが向上し、最大4倍のファイルサイズをサポートするんだそうな。
API アクセス
API にアクセスして、オリジナルの拡張機能を作成する事が可能なんだそうな。

雑感

月額 5,000 円で、Adobe Creative Suite を利用できる Creative Cloud と言う仕組みがあり、初回導入のハードルは下がった。

また、ひとつのアカウントで二台のマシンまでインストール ( 同一 LAN 内での同時起動はできないらしい ) でき、片方は Windows で、片方は Mac といった使い方ができるっぽい。未確認ですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。