無料で広告が出ないサイト内全文検索 [ Yahoo! 検索 カスタムサーチ ] 試してみました~。

スポンサードリンク

無料で広告が出ないサイト内全文検索 [ Yahoo! 検索 カスタムサーチ ] 試してみました~。

01

Yahoo! 検索 カスタムサーチ

無料の Google カスタム検索だと、検索結果に広告が表示されてしまう!

Google も、同じようなサイト内全文検索エンジンを提供していますが、無料版の Google カスタム検索エンジンだと、検索結果画面に広告が表示されてしまいます。

有料版の Google Site Search だと広告を消すことが出来ますが、年間の検索回数が二万回までの場合で、年間 100 ドルかかってしまいます。

参考ページ

[ Yahoo! 検索 カスタムサーチ ] だと広告非表示で商用利用できる!

Yahoo! 検索 カスタムサーチ だと広告が表示されず、商用サイトでも利用することができます。

また、Yahoo! 検索 カスタムサーチは、自分のサイトデザインに合わせて、検索窓や検索結果ページをカスタマイズできます。

[ Yahoo! 検索 カスタムサーチ ] の利用開始手順

01

Yahoo! 検索 カスタムサーチ から、ログインする。

02

▲ Yahoo! JAPAN ID でログイン。

03

▲ [ 新規設定 ] をクリック。設定は、最大5つ保存できます。

04

▲ 検索窓のデザインを設定します。検索対象などが指定できます。検索窓の [ POWERED BY YAHOO! JAPAN ] ロゴは消せないようですが、ウォーターマークタイプを選べば、テキストフィールド内に Yahoo! のロゴが表示されるので、コンパクトに設置できそうです。

05

▲ 検索設定。

06

▲ 検索結果ページデザイン。自分でロゴを設定したり、用意したページに検索結果を表示させることが出来るようです。

07

▲ 検索窓用の HTML ソース完成。コピペして自分のページに組み込みます。

[ Yahoo! 検索 カスタムサーチ ] の設置サンプル

このブログ内を全文検索する [ Yahoo! 検索 カスタムサーチ ] のサンプルを設置してみました。

[ 蛇足 ] 僕は、こう思いました。

少し使ってみて次のようなことが分かりました~。

  • クロールの間隔が、Yahoo! 依存になってしまうのが難点。
  • 対象言語を英語のみに設定して試してみましたが、インターフェイスは英語になりませんでした。
  • 静的サイトへ全文検索を簡単に設置できる。
  • 自分で作ったデザインのページに検索結果を表示できる。
  • どうやら、レスポンシブデザインには対応していないようです…。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。