歯とアートがコラボした異色ワールド「歯ART美術館」に行ってきました〜。(^_^;)

スポンサードリンク

まるい石に大きな口が印象的なキャラクターを見かけてから、いつか行かねばと思っていた香川県高松市庵治町にある「歯ART美術館」へ行ってきました。(^_^;)

駐車場到着から入館まで

▲ 駐車場のそばにある「日本一?のトイレ」

▲ トイレに入ってみると個室がひとつだけあり、中から瀬戸内海が一望できるようになっています。開放感がハンパない!

▲ 駐車場の片隅はシャボン玉で遊べるようになっています。きちんとシャボン玉液が補充されていてスゴイ!(^_^;)

▲ 美術館から主要な都市への距離が示してあります。

▲ 手のひら型のイス。ひとつだけじゃなく何個かありました。

▲ 顔の彫刻。

▲ 駐車場から階段を降りて美術館入り口に向かいます。

▲ 階段の途中には、こんなものもありました。

▲ 一度見ると脳裏から離れない特異な形の彫刻。気になっていたのはこれこれ!

▲ こちらは大きなタイプの彫刻です。

▲ 4階はリニューアル期間中につき入場料が無料になっていました。本来なら四階には企画展示と喫茶があるようです。

▲ 美術館の4階が改装中だったため3階の入り口に向かいます。

▲ 壁面には絵が描かれていました。

[ 三階 ] コレクション展示と研修室・キッズコーナー

▲ 三階に到着。受付で名前を書きました。予約制でレザークラフトワークショップを開催しているそうです。

▲ 3階には子供が遊べるスペースがあります。大量のぬいぐるみが!

▲ 歴代のカメラの展示がありました。

▲ 世界の仮面のコレクションもありました。

▲ 和風のお面もありました。

▲子供用の木彫りのイスもコレクションしてありました。

[ 二階 ] 歯に関する展示室

▲ 二階は歯の展示スペースです。

▲ 治療用の椅子。

▲ インプラントコーナーです。

▲ 120年前の補綴(ほてつ)物模型。

▲ 怪しげな木彫りのオブジェ。

▲ 入れ歯を使ったオブジェです。なんと3億5,000万円分!

ちなみに一階は入場禁止です。なにがあるんだろう?

感想

初めて入館した時の異色感がたまりません!

観光地にありがちな、施設のメンテナンスが行き届いていない(ほったらかし)感がなく、スタッフの皆様も丁寧な対応をしてくれました。

一日中遊べるような場所ではありませんが、一度見ておいて損はないかと思います。

スポット詳細情報

名称
歯ART美術館
入館料
大人600円・中高生200円・小学生以下無料・65歳以上300円
開館時間
10:00〜17:00(年中無休)
住所
香川県高松市庵治町生ノ國3180-1
TEL 087-871-0666
FAX 087-871-0667
香川県高松市庵治町生ノ國3180-1

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。