[ BackWPup ] これで安心! Dropbox にも対応した WordPress の全てをバックアップするプラグイン!

今まで使っていた WP-DBManager プラグインは、データベースしかバックアップ出来ず、万一、レンタルサーバーがクラッシュした場合、データベースだけでは復旧できないので、アップロードした画像や、改造したテーマファイルなどまとめてバックアップできる [ BackWPup ] プラグインに乗り換えました。

backwpup-00

よく考えると、今までのバックアップ環境はけっこう危うかった…。(^_^;)

[ BackWPup ] プラグインのインストール方法

backwpup-01

▲ WordPress の管理画面から [ プラグイン ] → [ 新規追加 ] で [ BackWPup ] を検索。

その後、インストールしてプラグインを有効化する。

[ BackWPup ] プラグインの設定方法

管理画面から [ BackWPup ] → [ Add New ] を選択します。

backwpup-02

▲ [ Database Jobs ] どのテーブルをバックアップするかの設定。 全部選択しておきます。

backwpup-03

▲ [ File Backup ] どのファイルをバックアップするかの設定。 Exclude の所にチェックを入れると除外されます。

backwpup-04

▲ [ Backup to Folder ] バックアップファイルをどこに置くかの設定。 訳あって、サーバ内にバックアップしました。

backwpup-05

▲ [ Job Schedule ] バックアップのスケジュールの設定。 Activate scheduling にチェックを入れると有効になります。

backwpup-06

▲ [ Backup File ] バックアップファイルの名前と圧縮形式の設定。 デフォルトのまま変更しませんでした。

backwpup-07

▲ [ Send Log ] ログをメールで送信するの設定。 エラー時のみメール送信にしました。

backwpup-08

▲ [ Job Type ] 処理の種類の設定。 デフォルトのまま変更しませんでした。

[ Save Changes ] をクリックして設定を保存します。

これで、明日になったら、バックアップできているはず!

Dropbox を保存先にすると、エラーでバックアップできない

実は、Dropbox を保存先にすると、次のようなエラーが出て、バックアップが完了しませんでした。

Upload to DropBox now started... 
[ERROR] Job restarted, because inactivity!

考えられるエラーの原因は2つあります。

ひとつは、プラグインの設定で、リトライ間隔が 10 分に設定されているため、バックアップ処理がタイムアウトになっている可能性。

これは、wp-content/plugins/backwpup/backwpup-functions.php の 326 行目で変更できるようです。

$revtime=time()-600; //10 min no progress.

2つ目の原因は、バックアップファイルのサイズが 150 MB 前後になると Dropbox の API がエラーになるらしい事。

私のバックアップファイルサイズを確認してみると、75 MB 程度なので、まだ大丈夫そうですが、すでに制限の半分を使っていて不安。

以上のような理由から、バックアップファイルを Dropbox に保存するのを諦めました。

今回試してみた環境

雑感

編集する必要がないバックアップファイルを Dropbox に置くのは、Dropbox の容量がもったいない気がする。

かといって、同一サーバにバックアップファイルを置いていても、サーバトラブルの場合は、バックアップファイルも共倒れなんで無意味。

別の外部サーバに、バックアップファイルを FTP できれば良いのだけれど、外部サーバを準備する予算が無い。

という事で、同一サーバにあるバックアップファイルを、定期的にローカルマシンへダウンロードすることにします。

参考にさせてもらったページ

ありがとうございます!

WordPress プラグインに関するおすすめ書籍

WordPress プラグインに関しては、次の書籍がおすすめです!(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。