Coreserver から Sixcore にサーバー移転しました ( WordPress も )

今まで使っていた月額 500 円のレンタルサーバ CORESERVER ( CORE-A ) から有効期限が来月で切れるとのメールが届いたので、この機会に評判の良い Sixcore ( S1 プラン ) 月額 1,890 円へサーバ移転しました。

Sixcore

CORESERVER から SIXCORE へ移転の理由

CORESERVER で私がレンタルしていた S20 サーバは、比較的安定していたと思いますが、それでもたまに、表示が重くなったり、表示されるページが真っ白だったり、と言った現象に遭遇する事がありました。

約三年間 CORESERVER を使ってきて一番の心配事は、突発的なアクセスがあった場合、サーバが耐えられず、折角の機会を損失してしまうのではないかと言う事でした。

また、最近は、サーバが重くなるのが気になって、ブログの更新頻度が下がりました。 まぁ、更新頻度が下がったのは、サーバの重さだけが原因ではありませんが…。

こんな問題があって、CORESERVER から SIXCORE にサーバ移転しようかと重い腰を上げた次第です。

ただ、SIXCORE へサーバ移転すると、SSH が使えなくなる事と、月額料金が四倍近くになるのが気になる所ですが…。

CORESERVER から SIXCORE へ移転の手順

CORESERVER から SIXCORE へサーバ移転した時の手順をまとめてみます。

1. シックスコア ( SIXCORE ) 会員登録

まずは、以下のバナーから SIXCORE に会員登録します。

自動的に会員 ID が割り当てられるので、自分では会員 ID を決められないみたい。

2. シックスコア ( SIXCORE ) のサーバー契約

[ SIXCORE メンバー管理ツール ] にログインして、左メニューの [ サーバー ] から [ 新規お申し込み ] を選択します。

  1. サーバー ID には、好きな ID を入力します。 [ ***.sixcore.jp ] と言う初期ドメインになるようです。
  2. 契約プランを選択。 私は [ S1 ] プランにしました。
  3. 契約期間を選択。 私は [ 三ヶ月 ] にしました。
  4. 利用規約を読んで次へ進みます。

次は支払い方法の選択。 クレジットカードを選ぶと即課金になりお試し期間が使えなくなるそうなので、[ 銀行振込み ] か [ コンビニ / ペイジー決済 ] を選択します。 二週間の試用期間を使うためには、銀行振込またはコンビニ払いにする必要があるみたい。 ちなみに私はコンビニ決済にしました。

それから、契約月は無料、翌月はじめからが課金対象となるとのことなので、月初めの契約がお得かな?

以上で契約完了です。 後はシックスコアからサーバ準備完了のメールを待ちます。

3. CORESERVER のデータをローカルマシンにバックアップする

サーバ準備完了のメールを待っている間に、CORESERVER の /public_html の中にある [ bowz.info ] と言うフォルダをローカルマシンにダウンロード。

それから、WP-DB-Backup で [ *.sql.gz ] と言う MySQL のデータをダウンロードします。 phpMyAdmin でバックアップする場合は、データベースのバックアップ – WordPress Codex 日本語版 を参考にしてください。

4. シックスコア ( SIXCORE ) でドメインの登録

申し込みから二時間弱ぐらいしてから SIXCORE のサーバ設定完了メールが届いたので、サーバの設定をします。

[ SIXCORE サーバー管理ツール ] にログインして、左メニューの [ ドメイン ] から [ ドメイン設定 ] を選択し、[ ドメイン追加 ] をクリックします。

[ bowz.info ] のドメイン名を登録し、認証を行います。 私は、メール認証を使いました。

この時点ではまだ、ネームサーバを切り替えていないので、[ bowz.info ] は CORESERVER を向いています。

5. シックスコア ( SIXCORE ) で FTP アカウント作成

FTP アカウントを作ります。 出来る限り上の階層にアクセスできるようにしておくと、php.ini とかが編集できるらしいので、後々便利だと思います。

6. シックスコア ( SIXCORE ) で MySQL 作成

MySQL のデータベースとユーザーを作成します。データベースの文字コードは [ UTF-8 ] で。

作成したユーザーを権限設定ユーザーとして登録します。

phpMyAdmin に設定されているベーシック認証でも、ここで作成したユーザ名とパスワードが必要になります。

7. FTP でファイルをアップロード

CORESERVER では、PHP が 644 で、フォルダが 755 になってたが、SIXCORE では、PHP が 604 で、フォルダが 705 になってて正常に動いている。

フォルダのパーミッションを [ 777 ] にしてしまうとエラーが出るんだそうな。

8. MySQL インポート

phpMyAdmin を使って、バックアップしておいた MySQL のデータをインポートします。

9. wp-config.php の編集

SIXCORE 環境に合わせて、wp-config.php の内容を書き換えてアップロード。パーミッションは [ 404 ] に変更しておきます。

10. 正常に移転できたかテストしてみる

SIXCORE のサーバ情報にある IP アドレスを確認し、自分の環境のみ [ bowz.info ] で SIXCORE にアクセスできるよう Hoster で設定しておく。Mac 環境の場合。

11. 問題が無ければネームサーバを切り替える

VALUE-DOMAIN の管理画面でネームサーバを切り替えます。

プルダウンメニューで [ 他社提供 / 自前ネームサーバー ] を選択して、以下のアドレスを入力します。

ns1.sixcore.ne.jp
ns2.sixcore.ne.jp
ns3.sixcore.ne.jp

しばらくすると、[ bowz.info ] へのアクセスが SIXCORE のサーバに向くようになります。 私の場合は、ネームサーバーの切り替えに、二時間程度掛かりました。

サーバ移転の手順は以上です。

SIXCORE 雑感

  • サーバ移転直後の感想は、レスポンスが速くて快適!
  • SSH は使えないみたい。
  • 負荷測定ページとかは無いみたい。
  • 同じ運営会社らしい X2 とは何が違うの? 同じ価格帯っぽいし。
  • a-blog cms は動くのかな?
  • CORESERVER は解約の申請をしないといけないのかな?
    • 有効期限までに契約の延長を行っていただかない場合、翌日に自動的に解約となります。との事。
  • サブドメインを使うと、ドメインのフォルダの中にフォルダが出来るんだけど、WordPress のマルチサイトとか出来るんかな?
  • X キャッシュの設定ってどのぐらいが適当なんだろう?

参考にさせてもらったページ

サーバ移転に関しては、次の記事を参考にさせてもらいました。

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。