WordPress のサーバー移転メモ

WordPress ME 2.1.3 ( EUC-JP ) で運営中のブログを、さくらインターネットから CORESERVER へサーバー移転しました。その時の手順をメモ。ついでに、ブログの文字コードを EUC-JP から UTF-8 に変更します。

各サーバの環境とか

さくらインターネット

  • MySQL 4.1.20
  • WordPress ME 2.1.3 ( EUC-JP )

CORESERVER.JP ( コアサーバー )

  • MySQL 5.1.20
  • WordPress ME 2.1.3 ( UTF-8 )

さくらインターネットのデータをバックアップする

データベースのエクスポート

  1. [ エクスポート ] で wp_options 以外のテーブルを選択。書き出す形式は SQL を選択。
  2. [ オプション ] – [ 構造 ] で以下の項目をチェックしておく。
    • DROP TABLE を追加
    • AUTO_INCREMENT 値を追加する
    • テーブル名やフィールド名を逆クォートで囲む
  3. [ オプション ] – [ データ ] で以下の項目をチェックしておく。
    • 完全な INSERT 文を作成する
    • BLOB に 16 進数表記を利用する
    • エクスポート形式は、INSERT を選択。
  4. [ ファイルに保存する ] を選択してエクスポート実行。

ファイルのバックアップ

サーバ内にある全ファイルをローカルにダウンロードしておく。

ローカル環境で文字コード変換

ダウンロードしたデータベースのファイルをテキストエディタ ( 私の場合は mi を使いました ) で開いて UTF-8 に変換後、保存。

コアサーバーに WordPress ME 2.1.3 をインストール

  1. utf8_unicode_ci で新規データベースを作成
  2. WordPress ME 2.1.3 を UTF-8 でインストール

普通にインストールすると、WordPress の管理画面が文字化けした。phpMyAdmin では文字化けはしていない。と言う事で、pools.jp | WordPress のインストールと文字化け対応 を参考にして、コードを修正してからインストールする事にした。WordPress ME 2.1.3 だから文字化けするみたいだ。

/wp-includes/wp-db.php の 66 行目

$this->select($dbname);

と書いてある所を

@mysql_query("SET NAMES 'utf8'", $this->dbh);
$this->select($dbname);

に書き換えてからインストール。

インストールするフォルダ名にピリオドを使っているとインストールがうまくいかなかった。

コアサーバーにデータをインポート

SQL 互換モードを [ MYSQL40 ] にして、ダウンロードしておいたデータベースをインポート。

ファイルのアップロードなど

  1. テーマ・プラグイン・画像ファイルのアップロード
  2. テーマの選択とプラグインの有効化
  3. Akismet で使う WordPress.com API Key も忘れずに移行する

DNS をコアサーバーに向ける。

バリュードメインで新しいサーバーを参照するように設定を変更。次にコアサーバーのドメインウェブで設定する。

さくらインターネットの wp_options を読み込む

後は、wp_options を読み込んで、文字コードの記述を変更するだけと思ったんだが、古い wp_options を読み込むとおかしくなってしまった。

仕方が無いので、さくらインターネットの wp_options を読み込むのをあきらめ、phpMyAdmin を使って自分で書き換えた。

  • siteurl
  • home

の二カ所。

以上でサーバ移転完了。疲れた…。

参考にさせてもらったページ

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。