[ 広島旅行詳細 ] ウサギと毒ガスの島、広島県竹原市の大久野島(おおくのしま)へ行ってきた。

スポンサードリンク

広島旅行でウサギと毒ガスの大久野島へ行ったので詳しくご紹介します。広島旅行の全行程はこちら

忠海港(ただのうみこう)

IMG_6134_canon

▲ チケット売り場の看板です。大久野島へ行くにはフェリーで行く必要があります。

IMG_5978

▲ 忠海港の周辺地図。

IMG_5975

▲ 忠海港のチケット売り場。僕は第一無料駐車場に駐車して、駐車場から徒歩1分のチケット売り場で、忠海~大久野のチケットを購入(片道:おとな310円・こども160円)しました。

IMG_6133_canon

▲ 大久野島は「うさぎ島」と呼ばれてるんだそうです。

IMG_5981

▲ チケット売り場の中はこんな感じ。

IMG_5979

▲ ウサギの餌。大久野島では販売されていないので、ここで購入するか家からニンジン・キャベツを持ってきましょう。家族5人でニンジンを5本分持って行きましたが足りませんでした。

IMG_5980

▲ お土産も販売しています。

IMG_5982

▲ チケット売り場の隣りにある待合所。

IMG_6137_canon

▲ 地面にもウサギのマークがありました。

IMG_5984

▲ 大久野島をご利用されるお客様へ。大久野島へ車で乗り込んでもほとんど移動できないので徒歩がおすすめです。

IMG_5986

▲ 乗船予定のフェリーが港へ到着。

IMG_5988

▲ 乗り込みます。大三島フェリー で出発。約15分で大久野島に到着です。(大人片道310円)

IMG_6063

▲ 赤い灯台の横を通過します。

IMG_5991

▲ フェリーの中はこんな感じ。靴を脱いでくつろげるスペースがあります。

IMG_5999

▲ フェリーの中にうさぎの取り扱いに関する注意書きがありました。

大久野島(おおくのしま)上陸

IMG_5996

▲ 日本の鉄塔が目印の大久野島。

IMG_6001

▲ いよいよ、大久野島に上陸です。

IMG_6002

▲ 看板がありました。

IMG_6059

▲ 休暇村までは無料シャトルバスがあります。

IMG_6003

▲ 時刻表はこんな感じ。

IMG_6004

▲ 無料シャトルバスに乗り込んで休暇村に向かいます。

IMG_6006

▲ 大久野島の地図。

大久野島の施設

IMG_6008

▲ 瀬戸内海国立公園なんだそうです。

IMG_6013

▲ 気分は南国です。

IMG_6007

▲ 休暇村本館。

IMG_6017

▲ 三軒家毒ガス貯蔵庫跡の看板。

IMG_6018

▲ 三軒家毒ガス貯蔵庫跡。

IMG_6193_canon

▲ 毒ガス貯蔵庫跡の看板。

IMG_6052

▲ 研究所跡の看板。

IMG_6053

▲ 研究所跡。

IMG_6055

▲ 幹部用防空壕跡の看板。

IMG_6056

▲ 幹部用防空壕跡。中は真っ暗で怖かった。

IMG_6054

▲ 大久野島毒ガス資料館。館内は撮影禁止でした。

IMG_6057

▲ ウサギの耳の形をした集音器。

IMG_6058

▲ 大久野島ビジターセンター。

島内のうさぎ

島内のいたるところにウサギがいます。説明文なしでお届けしますのでお楽しみください。

IMG_6011 IMG_6014 IMG_6015 IMG_6019 IMG_6165_canon IMG_6169 IMG_6024 IMG_6038 IMG_6043 IMG_6196_canon IMG_6199_canon IMG_6201_canon IMG_6209_canon

▲ なぜか伸びているウサギ。(^_^;)

感想

ウサギがたくさんいるため小さいお子さんでも楽しめます。

時間があれば、島の周りをぐるっと回ってみたかったですね。

スポット詳細情報

名称
大久野島
住所
広島県竹原市忠海町大久野島
広島県竹原市忠海町大久野島

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Mac, iPhone, WordPress が好きなウェブディレクター。 香川県坂出市出身。香川県高松市在住。 1973 年生まれで三児の父。川添おやじの会会長。ネギと玉ねぎが嫌い。