ソースコードが読みやすいフォント「源ノ角ゴシック Code JP」(Source Han Code JP) をインストールしてみました。

スポンサードリンク

ソースコードが読みやすいフォント「源ノ角ゴシック Code JP」(Source Han Code JP) をインストールしてみました。

img-View

▲ 画像は公式サイトより。

フォントのダウンロード

ダウンロードは下記のページからできます。

Source Han Code JP の特徴

  • 無料で利用できる。
  • Adobe 社がオープンソースで開発している。
  • 半角文字は「Source Code Pro」を適用。
  • 全角文字は「源ノ角ゴシック」を適用。
  • 半角3文字と全角2文字の横幅が同じになるように調整されている。
  • 文字の太さは7種類。
  • ある程度の行間が保持されており、行間を設定できないアプリで表示した時も見栄えが良い。

各アプリケーションでのフォント指定方法

Sublime Text の場合

"font_face": "SourceHanCodeJP-Normal",

CSS の場合

font-family: "源ノ角ゴシック Code JP Normal";

Evernote (Windows) の場合

evernote

Dreamweaver (Windows) の場合

dreamweaver

まとめ

半角英数文字が大部分を占めるソースコードを読む場合は、半角英数字の横幅が広い Source Han Code JP を指定すると読みやすいです。(^o^)

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。