Windows, Linux, Mac で動作するテキストエディタ [ Atom ] を試してみました。

スポンサードリンク

Windows, Linux, Mac で動作するテキストエディタ [ Atom ] を試してみました。

atom

▲ ダウンロードは Atom 公式サイトから。

Windows 版 Atom で MacType を有効にする

僕は、Windows 環境で文字を滑らかに表示する MacType というソフトを愛用しているのですが、Atom では MacType が有効にならず気になっていました。 Windows 版 Atom では、デフォルトで DirectWrite が有効なので MacType が使えませんが、次の方法で DirectWrite を無効にすると MacType を利用できます。

  1. Atom を終了する。
  2. C:\Users\(USERNAME)\AppData\Local\atom\app-1.0.0\resources\app.asar をバイナリエディタで開く。
  3. 'direct-write': true で検索し 'direct-write':false に書き換える。

Atom Editor で DirectWrite を無効にする – しらいとブログ を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

テーマ・パッケージインストール方法

  1. メニューから [ File ] -> [ Setting ] を選択。
  2. Install ボタンをクリックして、パッケージ名で検索してインストールできる。

環境構築のためにやった事

メニュー・コンテキストメニューを日本語化する。
[ japanese-menu ] というパッケージを導入。
エンコーディングを自動判別する。
[ auto-encoding ] というパッケージを導入。

やりたい事

  • エディタ内に書いてある URL をクリックしたら、デフォルトのウェブブラウザで開きたい。
  • Atom 起動時、最後に開いていたファイルを開きたい。← デフォルトで開く? Save Session パッケージ入れる?
  • ファイル末尾の空白行も保存したい。
  • 日本語変換中の文節にアンダーラインが出ないので文節がわかりにくい。

参考にさせてもらったページ

ありがとうございます!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Mac, iPhone, WordPress が好きなウェブディレクター。 香川県坂出市出身。香川県高松市在住。 1973 年生まれで三児の父。川添おやじの会会長。ネギと玉ねぎが嫌い。