WordPress で、カラムレイアウトを作るプラグインを比較してみました。

スポンサードリンク

WordPress で、カラムレイアウトを作るプラグインを比較してみました。 結果的に、WP Canvas – Shortcodes が一番良さげです。

WP Canvas – Shortcodes

WP-Canvas-Shortcodes

▲ 編集画面は、こんな感じ。

WordPress › WP Canvas – Shortcodes « WordPress Plugins

  • カラム分け用のショートコードを差し込んで編集していく感じ。
  • 一度、差し込んだショートコードの設定は変更できない。
  • 一度にすべてのカラムが編集できるので便利。
  • 個別に padding は設定できないが、各カラムにデフォルトでマージンが付く。
  • カラムの機能以外に、jQuery のアコーディオン設置とか多機能。

Page Builder by SiteOrigin

Page-Builder-by-SiteOrigin

▲ 編集画面は、こんな感じ。

WordPress › Page Builder by SiteOrigin « WordPress Plugins

  • 先にカラムを作ってから、ウィジェットを配置して編集していきます。
  • 固定ページのリストなども配置できます。
  • ただ、Page Builder を使って記事を作成すると、ビジュアルやテキストエディタで編集ができなくなるようです。
  • コンテンツを編集する時は、ウィジェットを個別に開いて編集しないといけないので面倒。

Column Shortcodes

Column-Shortcodes

▲ 編集画面は、こんな感じ。

WordPress › Column Shortcodes « WordPress Plugins

  • カラム分け用のショートコードを差し込んで編集していく感じ。
  • 一度、差し込んだショートコードの設定は変更できない。
  • 一度にすべてのカラムが編集できるので便利。
  • padding を設定すると、スマホでカラム落ちした時に表示がずれる。

以上です!

WordPress プラグインに関するおすすめ書籍

WordPress プラグインに関しては、次の書籍がおすすめです!(^o^)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。