[ WordPress Meta Robots ] – 投稿個別に noindex を指定できる WordPress プラグイン

↓この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

Google のパンダアップデート対策として、過去に書いた内容の短い記事を非公開に設定し、しのいでいたんだけど、今度は、その記事へのリンク切れが発生し大変なことになった。

内容の薄い記事を非公開にするのはやめて、代わりに noindex を指定しようと、WordPress Meta Robots プラグインをインストールしてみました〜。

スポンサーリンク

そもそも、noindex って何?

そもそも、noindex というのは、検索エンジンにページをインデックスさせるかどうかの設定で、次のように書くことができます。

<meta name="robots" content="noindex,follow"/>

content の中の設定は次の4種類です。

index,follow
インデックスを許可・リンクをたどる。( デフォルト )
noindex,follow
インデックスを拒否・リンクをたどる。
index,nofollow
インデックスを許可・リンクをたどらない。
noindex,nofollow
インデックスを拒否・リンクをたどらない。

[ WordPress Meta Robots ] プラグインのインストール方法

  1. WordPress の管理画面から [ プラグイン ] → [ 新規追加 ] で [ WordPress Meta Robots ] を検索。
  2. その後、インストールしてプラグインを有効化する。

テキスト量の少ない個別記事をインデックスさせないようにする

[ WordPress Meta Robots ] プラグインをインストールすると、投稿画面に次のような選択項目が表示されます。

meta-robots

内容が薄く、テキストが少ない記事で [ noindex,follow ] を選択すると、検索エンジンがその記事をインデックスしなくなります。

このプラグインを使うと、カテゴリ等のアーカイブが強制的に noindex になる!

実は、WordPress Meta Robots プラグインをインストールすると、カテゴリ・タグ・日付アーカイブが強制的に noindex となってしまいます。

ただ、Google アナリティクスで、アクセス数を見てみると、ほとんどは個別ページへのアクセスで、カテゴリページのページビューは、全体ページビューの 1% 未満だったので noindex を指定して問題ないと判断しました。

今回試してみた環境

プラグイン作者様、ありがとうございます!

WordPress プラグインに関するおすすめ書籍

WordPress プラグインに関しては、次の書籍がおすすめです!(^o^)

スポンサーリンク

↓この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

↓ブログをフォローすると更新情報が届きます。

スポンサーリンク