iPhone 5 のスリープボタンが壊れたけど、AssistiveTouch 機能で iPhone 6 まで頑張ります!(^_^;)

スポンサードリンク

先日から、iPhone 5 のスリープボタン ( 上にある電源ボタン ) が壊れて、押してもスリープ・スリープ解除しなくなってしまいました〜。

iPhone のスリープボタンが壊れると困ること

iPhone のスリープボタンが壊れる、次の操作が出来なくなってしまいます。(^_^;)

  • ロックができない。
  • スクリーンショットが撮れない。
  • 再起動できない。
  • バッテリーが切れて電源が切れてしまうと、二度と起動できない。

特に最後の「バッテリーが切れて電源が切れてしまうと、二度と起動できない」は、致命的ですよね〜。(^_^;)

スリープボタンが壊れた iPhone 5 のローンは残り二回 ( 合計 10,700 円 ) だったので、Android に乗り換えようかとも思ったのですが、いまいち気分が乗りませんでした。(^_^;)

今年9月に発売予定の iPhone 6 に乗り換えるまで、何とか頑張ってみます!

スリープボタンが壊れても、AssistiveTouch 機能で何とか乗り切る!

AssistiveTouch という機能を使うと、iPhone の画面に丸いボタンが表示され、ホームボタンやスリープボタンの機能を操作する事ができるようになります。 以下、設定方法です。

at-01

▲ [ 設定 ] をクリック。

at-02

▲ [ 一般 ] をクリック。

at-03

▲ [ アクセシビリティ ] をクリック。

at-04

▲ [ AssistiveTouch ] をクリック。

at-05

▲ [ AssistiveTouch ] をオンにする。

以上です。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。