強いコトバが作れるようになる本! 佐々木圭一さまの [ 伝え方が9割 ] を読みました~。

スポンサードリンク

佐々木圭一さまの [ 伝え方が9割 ] を読みました~。 コピーライティングと日常使う「ことば」について、実例も多く大変勉強になりました。 ありがとうございます!

20140510-065915.jpg

目次とともに感想とメモを書いています。

はじめに 伝え方にはシンプルな技術がある

第1章 伝え方にも技術があった! – なぜ同じ内容なのに、伝え方で「イエス」「ノー」が変わるのか?

→ 直球ではなく、伝え方を考えることで結果を変えることができる。

■ 確率0%を、アリに変える! – すべてのことで可能性が増えれば、人生は変わる

→ 人生の色んな場面で伝え方は重要。

■ 大切だとわかっているのに、誰も鍛えていない「伝え方」 – 学校では教えてくれなかったこと。でも手に入れると人生の決めどころでスマッシュを打てる

→ 伝え方は誰も教えてくれないが、鍛えることはできる。

■ 伝えることが苦手だった私 – コミュニケーションで悩み抜き、結果として突破に至るまでの道のり

→ 著者の過去について。

■「伝え方に技術がある!」と気づいたできごと – 伝え方が苦手だったからこそ気づき、技術として体系化できたこと

→ 伝え方にも代表的ないくつかのパターンがある。

■ いちど知れば、伝え方は一生あなたの武器になる – 使えば使うほど磨かれ、鋭くなる伝え方の剣

→ 伝え方は一生の武器になる。

■ どんな資格より、まず伝え方を学べ – 就職でも、昇進でも、あなたを最後まで守ってくれるのは、伝え方

→ 資格よりも伝え方を学んだほうが大きな成果を出せる。

■ 個人発信力が求められている時代 – お店オススメより、バイトのゆっき〜オススメが求められる

→ 企業不信と情報過多により、個人のオススメが強くなった。

■ コトバの一般常識にサヨナラ – 正しい言葉づかい、教科書の国語は実践で役に立たない

→ 正しくなくても、相手に届く言葉ならオッケー。

■ ほとんどすべての人が自己流。つまり学べば突出できる – 個人発信の今こそ学ぶチャンス。他の人はまだ気づいていない

→ 伝え方の専門家から学んで、一気にレベルアップすべし。

■ 第1章まとめ

→ 伝え方は大事。だから、学ぼう!

第2章 「ノー」を「イエス」に変える技術 – あなたがこれからする頼みごとに「イエス!」をもらう具体的な技術

■ コトバは「思いつく」のではなく「つくる」ことができる – 誰にでもつくれる方法がある。一般公開されていなかっただけ

→ 言葉は思いつくのではなく、作るもの。

■ 結果を変える「お願い」コトバのつくり方

→ お願いの仕方でイエスの確率を上げる。

■「イエス」に変える3つのステップ

ステップ1 自分の頭の中をそのままコトバにしない

→ 直球は博打と一緒。

ステップ2 相手の頭の中を想像する

→ 相手の立場で考える。

ステップ3 相手のメリットと一致するお願いをつくる

→ 自分の希望は隠しておいて、相手の希望を表に立てる。

■ はじめは丁寧に、レシピ通りに

→ 慣れないうちは紙に書いてみる。

■「イエス」に変える「7つの切り口」

→ 相手を動かす動機を考える

①「相手の好きなこと」

→ 飲食店で「4分ほどお待ちいただけますか?」ではなく「できたてをご用意いたします。4分ほどお待ちいただけますか?」 飛行機から降りる時「お席でお待ちください」ではなく「ゆっくりご支度ください」

②「嫌いなこと回避」

→ 「芝生に入らないで」ではなく「芝生に入ると農薬がつきます」

③「選択の自由」

→ 決断より選択する方が敷居が低い。 「この案どうですか?」ではなく「A案とB案どちらがいいですか?」

④「認められたい欲」

→ 相手を褒めて認めてから、お願いをする。

⑤「あなた限定」

→ 「他の人が来なくても、斉藤さんだけは来て欲しい」とか「初めてご来店のお客様限定プレゼント」とか

⑥「チームワーク化」

→ 「勉強しなさい」ではなく「一緒に勉強しよう」

⑦「感謝」

→ 「トイレをきれいに使ってください」ではなく「トイレをきれいに使っていただき、ありがとうございます」

■「お願い」は相手との共作だ

→ 自分と相手のハッピーを一緒につくり上げる。

■ この瞬間から、技術を使ってみる

課題1「自転車を置かないで」

→ 「自転車を置かないで」ではなく「ここは自転車の捨て場です」

課題2「ムダな電気を消して」

→ 「無駄な電気を消して」ではなく「電気を消すと星が見えるよ」

■ コトバの力だけで突破する – モノでつるのではなく、コトバだけで相手の気持ちを変える

→ 「こんどおごるから残業おねがい」は、物で釣っているのでダメ。

■「ノー」を「イエス」に変える技術を毎日に – 選べないはずの、白い携帯を手に入れたコトバ

→ 著者の実例。

コラム ふせんマジックを使う! – あなたはまだふせんが持つ可能性の10%しか使っていない

→ ふせんを使った小技いろいろ。

■ 第2章まとめ

→「ノー」を「イエス」に変える技術のまとめ

第3章 「強いコトバ」をつくる技術 – 感動スピーチも、映画の名セリフも、こうやればつくれる

■ 誰にでも、強いコトバはつくれる – 例えば、感動するコトバはつくれるのでしょうか?

→ 強い言葉を作るにもレシピがある。

■ 世の中の情報量は、10年で約530倍になった – 感動のないコトバは無視される時代

→ 普通の言葉は無視される。一般人でもコトバ磨きが必要。

■ 同じ内容なのに強いコトバと弱いコトバがある

→ 伝え方が大事。

■「強いコトバ」とは?

→ 「強いコトバ」とは、人を動かすエネルギーを持つ言葉。

■ コトバエネルギーをどう生むか

→ 言葉に高低差を付ければエネルギーが生まれる。 「あなたが好き」ではなく「嫌いになりたいのに、あなたが好き」

■「強いコトバ」をつくる5つの技術

① サプライズ法 – 超カンタンだけど、プロも使っている技術

→ ビックリマークを付ける。「あ、」とか「そうだ、」とかのサプライズワードを先頭に付ける。

② ギャップ法 – オバマ氏、村上春樹氏も使う心を動かす技術

→ スタート地点を下げ、ギャップを作る。高低差。

③ 赤裸裸法 – あなたのコトバを、プロが書いたように変える技術

→ 自分の体の変化を言葉にする。

④ リピート法 – 相手の記憶にすりこみ、感情をのせる技術

→ 繰り返す。

⑤ クライマックス法 – 寝ている人も目をさます、強烈なメッセージ技術

→ 「ここだけの話ですが、」などのクライマックスワードを加える。

■ 5つの方法を駆使すれば、無限にコトバはできる – 周りの人から「コトバが変わったね」と言われる日

→ 上記の方法でアレンジできる。

■ 人間の本能に基づいたコトバはグローバルだ – どの国でも、どの人種でも使える技術

→ 強い言葉は、言語や文化に関係なく使える。

■ 10分で「強い長文」をつくる技術 – つまらなそうな長文を、読みたくなるものに変える!超カンタン版技術

→ 人は長文を読みたくない。

① 先を読みたくなる「出だし」をつくる

→ 一文目に、極力短い強い言葉を入れる。

② 読後感をよくする「フィニッシュ」をつくる

→ 出だしと同じ強い言葉を最後でも使う。

③ 飛ばされない「タイトル」をつくる

→ サプライズワード+出だしの重要ワードで見出しを作る。

コラム 時間にゆとりのある方には、長文全体を強く!

→ 強い言葉を使いすぎずに抑揚をつける。

■ メールは感情30%増量でちょうどいい – 理解すべきは、デジタル文字の冷たさ!

→ デジタル文字はどうしても冷たくなってしまうので、語尾に感情を加える。

■ 人を動かすのは、ルールではない。感動だ – 本当に人が動くとき、それは心が動いたとき

→ ひとつひとつの言葉が変われば、相手の反応が変わる。

■ 第3章まとめ

→ 強いコトバ大事!

おわりに – あなたの宝の地図を見つけよう

→ 具体例が豊富にあり、分かりやすい本でした。ありがとうございました。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。