綺麗で簡単に取り込める! ドキュメントスキャナ ScanSnap S1100 購入!

スポンサードリンク

富士通のドキュメントスキャナ ScanSnap S1100 を 13,980 円で購入〜。

s1100-01

FUJITSU ScanSnap S1100 FI-S1100

Evernote for iOS ページカメラの問題点

最初、レシートや名刺などの取り込みは、Evernote for iOS のページカメラで撮影しようと思ってたのですが、次のような問題がありました。

  • 原稿が反っていると、カメラで撮影した時に歪んでしまう。
  • 光沢のある原稿だと、光が反射して撮影が難しい。

これらの問題を解決すべく、ドキュメントスキャナの購入を決めました!

ドライバーのインストール

ScanSnap S1100 のドライバはネットからダウンロードすることも出来ます。 スキャナ ScanSnap ドライバダウンロード : 富士通

s1100-02

▲ 今回は、Mac 版のドライバをインストール。

s1100-03

▲ 両面原稿の読み込みは、こんな感じ。

s1100-04

▲ 複数枚原稿の読み込みは、こんな感じ。

ScanSnap Manager の [ 保存先 ] をゴミ箱に指定する方法

ScanSnap Manager のアプリ選択で [ Evernote に保存 ] を選んでいても、保存先に指定された Mac のフォルダにもデータが保存されてしまいます。

私の場合、スキャンしたデータは Evernote に保存されているので、ローカルにファイルを残しておく必要がありません。 という事で、ScanSnap Manager の [ 保存先 ] をゴミ箱を指定しました。

やり方は次のページを参考にしてください。→ Smart Hacks: ScanSnap と Evernote の連携が超便利になる裏技をみつけた!

その他の分かった事

  • Evernote 無料アカウントの転送量に引っかからないよう、Evernote のデフォルトノートブックを、ローカルのノートブックにして、スキャンしている所。
  • 複数ページをスキャンし、手書きメモとして Evernote に送信すると、1ページが1ノートになってしまう。
    • できれば、まとめて、ひとつのノートにして欲しかった。
    • マージすれば良いだけなんだけど。

一番下の機種だけど、充分に使える!買ってよかった!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。