Mac で Dropbox のキャッシュを削除する方法

スポンサードリンク

先日、Dropbox の中にあった 2 GB 程度のファイルを削除したのですが、ハードディスクの空き容量が増えなくておかしいな~と思っていたら、Dropbox のキャッシュファイルとして、HDD に残っていたようです。

Dropbox

※ HDD 容量に余裕のある方は、二〜三日放置しておけば、勝手にキャッシュファイルが消えるので、手作業でキャッシュファイルを削除する必要はありません。

ちなみに私の Dropbox 紹介リンクは、コチラ

ターミナルで Dropbox キャッシュの容量を調べる

Mac の場合、次のコマンドを入力すると、キャッシュファイルの容量がわかります。

du -sh ~/Dropbox/.dropbox.cache

Finder で Dropbox のキャッシュフォルダに移動する

次の方法で、Finder から Dropbox のキャッシュフォルダに移動し、不要なキャッシュファイルを削除できます。

  1. Finder のメニューバーから、[ 移動 ] → [ フォルダに移動… ] を選択。
  2. 出てきたダイアログに、~/Dropbox/.dropbox.cache と入力。
  3. Dropbox のキャッシュフォルダが開く。
  4. フォルダの中身を削除する。

今回試してみた環境

  • Dropbox 1.4.12
  • Mac OS 10.8.2 ( Mountain Lion )
  • MacBook Pro 13-inch, Mid 2010

参考にさせてもらったページ

ありがとうございます!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。