[ WordPress ] テーマを編集する時は、便利な子テーマ機能を使う

スポンサードリンク

WordPress の [ 子テーマ ] と言う機能を使うと、親テーマの機能やデザインを継承しつつ、機能を追加したり改変したりと言った事が可能になります。

親テーマには一切手を加えないので、親テーマがアップデートした場合も自分が変更した箇所を保持できます。

一番単純な子テーマの作り方

WordPress の次期公式テーマ Twenty Twelve を親テーマとした、Twenty Twelve Custom と言う子テーマを作る場合は、wp-content/themes/twentytwelve-custom/ に次の様な style.css を作成します。

@charset "utf-8";
/*
Theme Name: Twenty Twelve Custom
Template:   twentytwelve
*/

@import url('../twentytwelve/style.css');

// ここに上書きするスタイルを書く。

これだけで、スタイルを上書きする子テーマが出来上がります。

functions.php を追加読み込みする場合

子テーマの中に、独自の設定を書いた functions.php を設置する事で、追加読み込みできるようです。

テンプレートファイルを上書きする場合

テンプレートファイルを上書きする場合は、親テーマからファイルをコピーし、子テーマの中に同名で設置すると、これが優先して読み込まれるようになります。

独自の JavaScript ( jQuery 使用 ) を読み込む場合

次のような記述を functions.php に加えることで、独自の JavaScript ( jQuery 使用 ) を読み込む事ができます。

// 独自の JavaScript を読み込む。

function ttc_script_enqueue() {
    if ( !is_admin() ) { // 管理画面以外の時に読み込む

        // 独自の JS をキューに入れ、jQuery の後に読みこむよう指定する。
        wp_enqueue_script('ttc_script', get_stylesheet_directory_uri().'/script.js', array('jquery'));

        // jQuery を Google がホストするものに差し替える。
        wp_deregister_script( 'jquery' );
        wp_register_script( 'jquery', 'https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.7.1/jquery.min.js' );

    }
}
add_action('wp_enqueue_scripts', 'ttc_script_enqueue');

参考にさせてもらったページ

ありがとうございます!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。