Mac OS 10.8.2 ( Mountain Lion ) で Android 爆速エミュレータ環境を構築!

スポンサードリンク

【番外編】Androidの爆速エミュレータ環境を構築する | クラスメソッド開発ブログ と言う記事を読んで Mac 環境でも試してみました。

Bakusoku 17

▲ うぉ〜っ!ぬるぬる動く!

今回試してみた環境

  • MacBook Pro 13-inch, Mid 2010
  • Mac OS 10.8.2 ( Mountain Lion )

Android のシステムイメージをダウンロード

Android* Developer Community | Intel® Developer Zone から、各バージョンのシステムイメージをダウンロードします。

Bakusoku 01

▲ 今回は、4.0.4 ( ICS ) のイメージをダウンロードしてみます。

Bakusoku 02

▲ [ sysimg_x86-15_r01.zip ] と言うシステムイメージのバイナリーをダウンロード。

Bakusoku 03

▲ 解凍した [ x86 ] フォルダを [ /Applications/android-sdk-macosx/system-images/android-15 ] の中に移動。

Hardware Accelerated Execution Manager をインストール

次は、Hardware Accelerated Execution Manager をインストールします。

Bakusoku 04

▲ [ Intel® Hardware Accelerated Execution Manager ] をクリック。

Bakusoku 05

▲ Mac OS X 用の [ extra_intel_haxm-macosx_r02.zip ] をダウンロード。

Bakusoku 06

▲ ダウンロードしたインストーラーを起動。

Bakusoku 07

▲ 使用許諾契約を読む。

Bakusoku 08

▲ [ Agree ] をクリック。

Bakusoku 09

▲ 何やらメモリ使用量みたいな設定。デフォルトで進む。

Bakusoku 10

▲ メモリ使用量の設定を変える時には、もう一回インストーラー起動しろよな!とか書いてある。

Bakusoku 11

▲ インストール場所は変更しない。

Bakusoku 12

▲ インストール完了。

Bakusoku 13

▲ Android SDK Manager を開き、Intel x86 Emulator Accelerator (HAXM) をインストールします。

エミュレータを設定する

Bakusoku 14

▲ Android Virtual Device Manager で新規をクリック。

Bakusoku 15

▲ 上記のように設定。ハードウェア部分は [ 新規 ] をクリックし、[ GPU emulation ] を追加後、[ yes ] にする。

Bakusoku 16

▲ 起動する。

Bakusoku 17

▲ 起動完了!

まとめ

うちのマシンでは、エミュレーターを起動していると、常時 CPU 15 % ぐらい使っちゃいますが、動作は速いので満足です。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。