[ Drupal ] CORESERVER に Drupal 6.14 をインストール

↓この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

CORESERVER に Drupal をインストールしてみたので、インストール手順を書いておきます。

スポンサーリンク

今回、Drupal をインストールした環境

今回は次の環境でインストールしております。

  • CORESERVER
    • Apache 1.3.37
    • PHP 5.2.5
    • MySQL 5.1.20
  • Drupal 6.14 日本語ディストリビューション

[ 注意 ] info ドメインの場合、そのままではインストールできません

http://www.****.info と言うドメインにインストールしてたんですが、[ 403 Forbidden ] が出てインストールできませんでした。

参考 : XREA, XREA+, Coreserver で info ドメインが 403 Forbidden を返す | DRUPAL*DRUPAL

ハマった…orz

Drupal コアパッケージに同梱されていない標準以外の追加モジュールや新しいテーマをインストールする時は、[ sites/all ] や [ site/default ] などのディレクトリを使うらしいので、それ以下の [ modules ] や [ themes ] ディレクトリにも、さっきの .htaccess ファイルを設置する。

インストール手順

新しい MySQL のデータベースを作成

文字コードが [ UNICODE ] の新しい MySQL データベースを作成する。

Drupal のダウンロード&不要なファイルを削除

ダウンロード | ≡ Drupal Japan ≡ のページから、[ Drupal 6.14 日本語ディストリビューション ] をダウンロードして解凍。

  • [ scripts ] ディレクトリは、セキュリティ上好ましくないらしいので削除。
  • [ robots.txt ] 以外の *.txt ファイルは不要なので削除。
  • update.php は新規インストール時には使わないので削除?
    • モジュールのアップデートの時は必要なのかな?
  • Mac 環境だと見えないが、.htaccess ファイルも同梱されているので注意。

php.ini の設置

次の様に書いたファイルを php.ini という名前で解凍したフォルダのルートに設置。

mbstring.language = neutral
mbstring.internal_encoding = UTF-8
mbstring.http_input = pass
mbstring.http_output = pass
mbstring.encoding_translation = off
mbstring.func_overload = 0

.htaccess に追記する ( セーフモード対策 )

CORESERVER の PHP モジュール版はセーフモードで動作し問題があるので、CGI モードで動作させるべく、解凍したフォルダのルートにある .htaccess ファイルの末尾に次の記述を追加する。

<Files index.php>
  AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
<Files install.php>
  AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

※ インストールが終わったら install.php に関する記述を削除 or コメントアウトしておく。

includes/common.inc ファイルを修正する ( CORESERVER 特有の問題を回避 )

次のページを参考に該当ファイルを修正します。

PHP を CGI モードで動作させた場合に 404 Not Found ではなく 200 OK を返してしまう | Drupal.0829.info

準備したファイルをサーバーにアップロード

ここまでが長かった…orz

インストール時に、サイトの代表メールアドレスを入力するので、この段階で準備しておいた方が良いかも?

ウェブブラウザでインストールスクリプトにアクセス

画面の指示に従ってインストールする。 ただし、複数サイトを運営するのとセキュリティーのために、データベースのプレフィックスを変更しておく。

インストールスクリプトによって、次のフォルダ・ファイルのパーミッションが自動的に変更される。

  • /sites/default → 555
  • /sites/default/settings.php → 444

[ sites ] ディレクトリ以下の各ディレクトリ内にある [ .drupal ] と言うファイルは不要なので削除する?

インストールが終わったら

セキュリティ上、次のファイルとフォルダはローカルにバックアップを取って、サーバーから削除しておく。 複数サイトの構築などで必要になったら、再度アップロードする。

  • /install.php
  • /update.php
  • /profiles

以上で Drupal のインストールは完了です。 お疲れ様でした。

CRON の設定

下記のページを参考にして、CRON を毎日早朝に起動するようにした。 CRON の処理時間は一分ぐらい。

※ 文字コードは EUC-JP で、改行コードは LF じゃないと動かなかった。

Cron の設定 | Drupal.0829.info

参考にさせてもらったページ

Drupal のインストールに関して、次のページを参考にさせていただきました。

ありがとうございます。

スポンサーリンク

↓この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

↓ブログをフォローすると更新情報が届きます。

スポンサーリンク