ファーストサーバから CPI へのサーバ移転方法

スポンサードリンク

ちょっと訳あって、ファーストサーバから CPI へのサーバ移転を行うことになったので、その方法をメモしておきます。 あくまで例です。

移転元と移転先のサーバのプラン

どちらも共用サーバです。

[ 手順 1 ] コンテンツの引っ越し ( コピー )

旧サーバから新サーバへ、HTML のデータをコピーします。

  1. CPI で新しく ACE01 プランを契約しサーバーを準備します。
  2. ファーストサーバのウェブデータを CPI に移動して表示・動作確認します。
  3. CPI でプログラムが正常に動くかチェック。

[ 手順 2 ] ドメインの引っ越し ( 移管 )

ファーストサーバで管理しているドメインの場合、他社の DNS へ変更することは出来ないので、ファーストサーバから CPI へドメインを移管する準備をします。

ファーストサーバの解約受付後、5営業日程度で Do レジ ( ファーストサーバが運営するドメイン管理会社 ) にドメインの管理権限が移動され、アカウントの連絡があります。

※ Do レジにドメインの管理権限が移動したら、DNS の変更が出来るようです。

その後、変更先の管理業者様よりドメインの移管申請を行う。

ファーストサーバで解約の手続きをしても、契約期間中はサーバ及びドメインを利用できる。 また、オプションで契約している SSL は、サーバが停止した時点で利用できなくなる。

[ 手順 3 ] サーバ証明書 ( SSL ) の移管

ファーストサーバに依頼すると、サーバ ID の以降に必要となるキーペアファイルをエクスポートしてもらえるが、CPI の ACE01 の場合、他社からの SSL の持ち込みができない様なので、CPI から新規で申し込む。

ファーストサーバと CPI で契約が重複するのは仕方がないらしい。

SSL を重複して契約する場合は、ネームサーバで指定されているサーバの SSL 契約が有効になるようだ。

[ 手順 4 ] DNS 切り替え前後のメール設定

DNS 切り替え前後のしばらくは、新旧どちらのサーバにメールが届くかわからないので、メールを取りこぼさないようにメーラーの設定を変更します。

参考 : メールサーバーの移転

ちなみに、DNS 切り替えの時は、TTL というキャッシュの時間を短く設定 ( 15 分とか ) しておくと、速く切り替えられるようになるそうです。

ファーストサーバ用のメールアカウント設定

メールサーバーに、一時アクセス用ドメイン名 ( 納品用ドメイン名 ) を指定します。

CPI 用のメールアカウント設定

アカウント情報にあるメールサーバーを指定する。

参考にさせてもらったページ

ありがとうございます!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。