iOS 5 のリマインダーアプリと iCal で ToDo リストを同期する

スポンサードリンク

今までは、Google カレンダーと iCal を iCloud なしで同期させてたんですが、この方法だと、iOS 5 のリマインダーが同期できないので、Google カレンダーの利用を止め、iCloud を使って同期する方法に変更しました。

iCloud で同期する事で、iPhone, iPad のリマインダーアプリ、Mac の iCal で ToDo リストを同期する事ができます。

ちなみに以前は、次のような方法でカレンダーを同期していました。

iCloud でカレンダー・リマインダーを同期させる手順

  1. Google カレンダーで予定データをバックアップする。
  2. Google カレンダーと iCal の同期を切る。
  3. iCal に先ほどのバックアップを読みこませる。
  4. ついでに日本の祝祭日カレンダーも設定しておく。
  5. Mac, iPhone で iCloud 同期の設定をする。

※ 最悪の場合、予定が消えるかも知れないので、自己責任でお願いいたします。

メモリ使用量について

Google Chrome で常時表示している Google カレンダーのメモリ使用量を Chrome のタスクマネージャーで確認したら 81.7 MB で、iCal のメモリ使用量は 43.7 MB となりメモリ使用量は iCal の方が少ない。

雑感

  • リマインダーのリストを誰かと共有できんかな?
  • iPhone からだとタスクのソートができないらしい。
  • 家にある iPad 2 とも同期設定しよう。
  • 連絡先も iCloud 同期にしようかな?

参考にさせてもらったページ

ありがとうございます。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。