読者参加型ニュースサイトを構築するオープンソースソフトウェア Pligg を試してみる

スポンサードリンク

ちょっと訳あって、自前のソーシャルブックマークページが欲しくなり、Pligg を試してみました。

Pligg

▲ インストール直後の画面はこんな感じ。

Pligg とは、読者参加型ニュースサイトを構築するオープンソースソフトウェアです。

最初は、Scuttle を使おうかと思ったのですが、Scuttle には投票みたいな機能がなかったので今回は見送りました。

今回、試してみた環境

インストール手順

インストール方法は、同梱されている readme.html に書いてありますが、簡単に覚書しておきます。

Pligg 公式サイト から Pligg 1.1.4 をダウンロード・解凍する。

任意のディレクトリにアップロードする。私は http://www.example.com/pligg/ にしました。

照合順序 [ utf8_general_ci ] の MySQL データベースを作成。

次のファイルをリネームする。

  • [ bannedips.txt.default ] を [ bannedips.txt ] にリネーム。
  • [ settings.php.default ] を [ settings.php ] にリネーム。
  • [ local-antispam.txt.default ] を [ local-antispam.txt ] にリネーム。
  • [ /libs/dbconnect.php.default ] を [ dbconnect.php ] にリネーム。

次のフォルダのパーミッションを 755 にする。

  • /admin/backup/
  • /avatars/groups_uploaded/
  • /avatars/user_uploaded/
  • /cache/
  • /cache/admin_c/
  • /cache/templates_c/
  • /languages/ ( このフォルダの中身も 755 にしないと行けないみたいなんだけど、変更なしでいけた! )

次のファイルのパーミッションを 666 にする。

  • /libs/dbconnect.php
  • bannedips.txt
  • settings.php
  • local-antispam.txt

▼ ブラウザで /install/index.php を開く。readme.html が表示されてビックリするけど、慌てずにページの上にある [ Install ] リンクをクリックする。

Pligg

▼ 言語選択。日本語がないので [ English ] を選択。

Pligg

▼ 色々英語で説明が出るんだけど、良く解らん。[ Next ] をクリック。

Pligg

▼ データベースの情報を入力する。

Pligg

▼ データベース接続成功のメッセージが出る。[ Next ] をクリック。

Pligg

▼ テーブルが作成され、管理者アカウントの登録になる。

Pligg

▼ インストール完了!

Pligg [ libs/dbconnect.php ] のパーミッションを 644 にする。

[ /install ] フォルダを削除する。

[ /index.php ] にアクセス。

管理画面の [ Language ] でサイト名を変更する。

気になる事

  • 投票はログインしなくても出来るみたい
  • 登録用のブックマークレットはあるの?
  • ページを投稿する時に CAPTCHA 認証があるんだけどやめたい。

参考にさせてもらったページ

雑感

ほとんど使っていないので、まだ何とも言えないけど、何となく取っ付きづらい…。

日本語リソースを検索しても、四年前ぐらいの記事しかヒットしない。 ひょっとして何かあったの? それとも日本では盛り上がってないのかな?

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。