RSS リーダー乗り換えに便乗して、[ あとで読む ] サービスの導入

スポンサードリンク

RSS リーダー乗り換え に便乗して、ずっと気になっていた [ あとで読む ] サービスを導入しました!

[ あとで読む ] サービス導入前、livedoor Reader を使っていた時は次のような感じで、気になった [ あとで読む ] ページを管理していました。

  • iPhone の [ LDR touch ] で RSS を読んでいる時、LDR のピン機能を使う。
  • iPhone の [ Echofon ] で Twitter を見ている時、ファボる。
  • iPhone の [ Safari ] でブラウズしている時、ブックマークする。

今までの方法では、気になった [ あとで読む ] ページがそれぞれ違う場所に保存されて、管理が大変でした。 と言う事で、気になったページは、[ Instapaper ] か [ Read It Later ] のあとで読むサービスを使う事にしました。

[ Instapaper ] と [ Read It Later ] で気になった所

Instapaper
無料 iPhone アプリは無いみたい。
Read It Later
ウェブ版は、ページタイトルが表示されずに URL が表示されるので分かりにくい。

二つのサービスを使ってみた所、Read It Later ウェブ版で、ページタイトルが表示されなかったので、Instapaper をメインに使っていこうと思います。

雑感

  • Google Reader には、スターと共有アイテム機能があるけど、Google Reader でしか使えないので今回は無視。
  • あとで読むサービスで、全てのページを読み終わった後に、全てを既読にするボタンが欲しい。
    • [ Instapaper ] は、サイドバーに全てを既読にするリンクがありました。
  • Mac の RSS リーダーから直接ポストしたい。
  • Mac のブラウザから直接ポストしたい。
  • iPhone の Safari に [ Instapaper ] のブックマークレットを登録する時は、[ Instapaper ] ページを開いて [ Extras ] → [ Read Later bookmarklet ] のリンクを踏んでいけば、iPhone 用の登録画面が表示される。

参考にさせてもらったページ

次のページを参考にさせてもらいました。

ありがとうございます。

次は、[ Google Reader ] と連携する iPhone アプリを探します!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。