メーラーを Thunderbird から Gmail に乗り換えた

↓この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

今までメインアドレスのメールは Thunderbird で受けていたのですが、思う所あって Gmail に乗り換えました。

スポンサーリンク

Thunderbird から Gmail に乗り換えた理由

  • メールが一元管理できて便利!
  • どのマシンからでもメールを参照できる
  • Mac 版の Thunderbird は動作が少し遅かった

メールの運営方法

次の説明図の様な感じでメールを運営しています。

メールの運営方法

今まで Thunderbird で受けていた過去のメールを Gmail に全て移すのは容量的に厳しそうなので、Gmail には一年分程度のメールを溜めておき、それより古いメールは Thunderbird でアーカイブすることにしました。

Gmail でやりたい事とか

  • 受信トレイは未分類・未確認のメールが溜まる所とし、やることはスターを付けてアーカイブなど、すぐに分類したい
  • home ラベルの付いたスターは家でやる事みたいな管理方法はどうだろう?
  • [ 待ち ] と言うラベルを作る?
  • 自分が最初に送信したメールを受信トレイに残したい

アカウントアクティビティ

Gmail にアクセスしているマシンの IP アドレスを表示する「アカウントアクティビティ」という機能があるので、不正なアクセスがないかちょくちょく気にしておく。

今使っているマシンの IP アドレスは、確認くん などで確認できます。

見覚えのない IP アドレスは、iPhone の 3G 通信かも知れない ( iPhone で Gmail を使っている場合 ) ので、Wi-Fi をオフにして [ 確認くん ] で見てみる。

Gmail からメーリングリストに送信するとエラーが出た

メールの送信には、メインメールの SMTP サーバを使いたかったんだけど、Gmail の設定画面でうまく認証出来なくて使えない。

仕方が無いので Gmail の SMTP を使って、メインのメールアドレスから、あるメーリングリストへ送信すると次のようなエラーで返ってきた。

Sorry, only subscribers may post.
登録されていないメールアドレスからの送信

@gmail.com のメールアドレスがメーリングリストに登録されていないのが原因だったらしく、@gmail.com のアドレスをメーリングリストに登録してもらうと正常に送信できるようになった。

差出人欄はメインメールアドレスでいけてます。

スポンサーリンク

↓この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

↓ブログをフォローすると更新情報が届きます。

スポンサーリンク