FTP の危険性と暗号化通信を使った安全なファイル転送方法 ( SFTP, FTPS ) に関してメモ

スポンサードリンク

FTP の危険性と暗号化通信を使った安全なファイル転送方法 ( SFTP, FTPS ) に関して調べてみたのでメモしておきます。

そもそも、なぜ FTP が危険なのか?

FTP ( File Transfer Protocol ) は仕組み上、クライアントとサーバが通信する際にパスワードを暗号化せず、平文でやり取りしているんだそうです。 よって、Gumblar じゃなくても、クライアントとサーバ間の通信が盗聴されると、FTP のパスワードが流出する可能性があるみたい。

危険な FTP の代わりに通信を暗号化する SFTP や FTPS を使う

危険な FTP の代わりに、サーバとの通信を暗号化する SFTP や FTPS という仕組みがあるんだそうです。

そもそも SFTP や FTPS とは何なのか簡単に調べてみました。

SFTP ( SSH File Transfer Protocol )
SSH による暗号化通信を通して、ファイル転送を行う FTP みたいな仕組み。
サーバー側は、FTP デーモンを起動しておく必要はなく、SSH デーモンが起動していればクライアントと通信出来る。
FTPS ( File Transfer Protocol over SSL/TLS )
FTP でのデータ送受信に SSL の暗号化通信を利用する仕組み。

Dreamweaver から CORESERVER に SFTP 接続する手順

試しに、使い慣れた Dreamweaver で、私がレンタルしている CORESERVER に SFTP 接続してみます。

  1. SFTP を使うクライアントマシンで CORESERVER 管理画面にアクセスし、[ ホスト情報登録 ] で [ SSH 登録 ] ボタンをクリックします。
  2. Dreamweaver の [ サイト定義 ] → [ 詳細設定 ] → [ リモート情報 ] で [ Secure FTP ( SFTP ) を使用 ] のチェックボックスをチェックします。

これで SFTP 接続できます。 ちなみに、Dreamweaver CS4 は FTPS 接続に対応していないみたいなので、FTPS を使いたい時は、他の FTP クライアントソフトを使うしか方法がなさそうです。

参考にさせてもらったページ

ありがとうございます。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。