WordPress プラグインの簡単アップグレード機能を試してみる

スポンサードリンク

WordPress 2.5 から使えるようになった [ プラグインの簡単アップグレード機能 ] を試してみました。

WordPress の [ プラグインの簡単アップグレード機能 ] とは、FTP などを使わずに WordPress の管理画面からプラグインのアップグレードが簡単にできる機能です。

[ プラグインの簡単アップグレード機能 ] を試してみた環境 ( ローカルテスト環境 )

  • Mac OS 10.5.5
  • MAMP 1.7.1
  • WordPress 2.7-RC1 日本語版

WordPress プラグインの簡単アップグレード手順

ちょうど、新しいバージョンの Akismat 2.2.3 プラグインがリリースされていたので、これをアップグレードしてみます。 まずは、WordPress 管理画面から [ プラグイン ] をクリックします。

プラグイン管理

▲ [ 自動アップグレード ] と言うリンクをクリックします。

プラグインのアップグレード

▲ プラグインのアップグレード中です。

プラグイン管理

▲ プラグインのアップグレード完了。 無事、Akismat 2.2.3 にアップグレードできました!

CORESERVER にインストールした WordPress でプラグインの簡単アップグレード機能を使う場合は…

CORESERVER にインストールした WordPress 2.6.5 でプラグインの簡単アップグレード機能を試してみた所、エラーが出てアップグレードできませんでした。

CORESERVER の場合、PHP がセーフモードで動作しているので、そのままの設定ではエラーになるみたいです。 と言う事で、PHP を CGI モードで動作させ、セーフモードの制限を受けないようにします。

次のように書いた .htaccess ファイルを、wp-admin ディレクトリ内に設置します。

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

こうする事で、CORESERVER にインストールした WordPress 2.6.5 でも、プラグインの簡単アップグレード機能が使えるようになりました。 わーい!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。