[ CSS ] 指定した要素の後に属性値を表示する :after と content と attr() のサンプル

スポンサードリンク

WordPress のテーマを眺めていると、初めて見る CSS の書き方があったのでメモ。

サンプル

↑ こんな感じに表示されているんだが、HTML のテキスト部分には [ 2.5.1 ] と言う文字は書かれていないんですよね。

気になった HTML と CSS 部分のソースコードは以下のようなコードです。

HTML のソースコード ( 抜粋 )

<a href="#" title="2.5.1">WordPress</a>

CSS のソースコード ( 抜粋 )

a[title]:after {
    content: " "attr(title);
}

どうやら、title 属性を持つ a 要素の後に title 属性の値を表示する物らしい。 CSS って奥が深いんですね。

ちなみに Internet Explorer 7, Internet Explorer 6 では表示されませんでした。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。