Namazu 2.0.16 設定の覚え書き

スポンサードリンク

ちょっと機会があり、初めて全文検索システムの Namazu 2.0.16 を設置してみたので設定のメモを書いておきます。

UTF-8 で書かれたページから Namazu 2.0.16 を使うと検索語が文字化けする

UTF-8 で書かれたページのフォームから検索すると、検索結果ページで検索キーが文字化けしてしまい、正常にヒットしない問題が発生。 試しに、Shift_JIS で書いた検索フォームから検索すると、検索キーの文字化けは発生せず、正常にヒットする。

検索結果ページの文字コードは Shift_JIS みたいなので、UTF-8 ページからの検索語がうまく渡せていないのかな?と思って Google 検索すると次のページが見つかりました。

PHP を間に挟んで文字コードを変更しているみたい。なるほど。上記ページの方法で試してみるとうまくいきました。情報ありがとうございます。

PHP が使えない時は、こちらの記事 が参考になりそうです。

インデックスの自動更新を設定する

  • cron でアクセスが少なくなりそうな 06:00 に自動更新するように設定した。

雑感・気になる事

  • UTF-8 のページでもインデックスは正常に作られているみたい。 Shift_JIS でインデックスしてるのかな?
  • [ JavaScript ] と言う検索語で検索すると沢山のページがヒットするんだが、body タグ内の全てのソースコードがインデックスされているんだろうか?
  • 既に静的なページが存在し、全文検索を導入する場合に良いかも?
  • Movable Type のサイト内検索が遅い。と悩んでいた時に Namazu を知っていれば、ブログツールを乗り換えなくて済んだのかも?

以上です。何かあれば追記する予定。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら、ぜひシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。